2018.10 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

ブリタニアのクリスマス童話

クリスマスも間近な今日この頃。
各シャードのEMから冒険者たちへ、何か話ががあるといわれて
集合場所のヘイブン銀行前へ向かった。

EMサイト 【X’mas event 2012 出典:チャールズ・M・シュルツ(著) チャーリー・ブラウンのクリスマス


20121217元気のないネコマタ
しばらくしてやってきたEMネコマタ。
クリスマスに浮かれる皆を見て、なにやらため息をついている。


20121217みんな楽しそうなのに違和感を感じる
みんな楽しそうにしている時期なのに、自分だけ違和感を感じるというネコマタ。
そんな憂鬱な気分なので、今作業中のブリタニアの童話の編纂が進まないとのこと。

へぇ、ブリタニアの童話?
どんな話なの?


20121217きのこ洞窟の N を訪ねよ
好奇心に目を輝かす冒険者たちに、ネコマタは
「イルシェナー・きのこ洞窟にいる“N”という女性が詳しく知っている」
と教えてくれた。


20121217メリークリスマスと伝えてね
去り際に「Nさんに"メリークリスマス"と伝えてね」とネコマタ。
気の早い冒険者たちが何人か、そのセリフを聞く前に飛んでいってしまったけどね。




・きのこ洞窟の“N”

20121217きのこ洞窟のNoel
イルシェナー・霊性ゲートを抜けて岩壁沿いに西へちょっといくと
ぽっかり口を開いているきのこ洞窟。
その奥にはジプシーの“Noel”が佇んでいた。


20121217ノエルの話
ノエルは断片的にしか話を知らないといいつつも、童話について話をしてくれた。

その童話は、とある男の子の話。
この時期、周囲の友だちはみんな、サンタ宛の欲張りなプレゼントリストを書いたり
コンデストで賞金を狙ったりしているのに、男の子の心はちっとも晴れない。
きっと自分に原因があるのだと思った男の子は、友だちの精神分析を受けることにした。



20121217慈悲キャンプの Se を訪ねよ
せ、精神分析?
童話なのにノッケから謎の方向に進み始めているのが気になったが
ノエルはここまでしか知らないという。
「続きは、慈悲ゲート南のジプシーキャンプにいる“Se”が知ってるわ」

・ジプシーキャンプの“Se”

20121217ジプシーキャンプのSebastian
ジプシーキャンプにいた銀行家の“Sebastian”に話を聞く。

その男の子の友だちはお金が大好きなしっかりもの。
ろくに話を聞きもしないで男の子のお小遣いを全部せしめてしまったが
「イベントでもやれば元気が出るんじゃないの」とアドバイスしてくれた。
男の子はクリスマスをテーマにした演劇でもやろうと思いついた。



20121217名誉北西のPeを訪ねよ
セバスチャンが知っている話はここまで。
童話の方向性について謎が深まりつつも、名誉北西にある宿屋“Pe”を訪ねる。




・宿屋の “Pe”

20121217名誉北西のPenny
名誉ゲートからちょっと上に進んだところにある不気味な宿屋。
モンスターが乗り込んでくる危険な廃屋で、女優のたまご“Penny”から続きを聞く。

男の子がやろうとしたのは、クリスマス定番の演劇・キリスト降誕について。
そう、クリスマスとは元々“キリストの生誕を祝う”ものなのだ。



20121217献身東牧場のEを訪ねよ
聖母マリアが厩舎だか岩屋だかで産んだキリストを、東方の三博士が祝うというやつだね。
そして続きは献身東にある牧場にいる、往年の大女優“E”から聞けるとのこと。




・牧場の“E”

20121217献身東のElizabeth
献身東の牧場にいたのは、往年の大女優“Elizabeth”は大勢で押しかけたためか
それとも元々の性格なのかヒステリックにキィキィ言いながらも、続きを話してくれた。

男の子は舞台監督として采配を振るうものの、誰も言うことを聞かない。
ダンスに興じたり音楽を演奏したり、みんな好き勝手にやりたい放題。
悩んだ男の子は、舞台にクリスマスツリーを飾ることを思いついた。



20121217名誉北東砂漠のN
続きは名誉北東にある砂漠のオアシスにいる“N”という男性に聞けとのこと。
どうやらイケメンらしい。




・砂漠のオアシスの“N”

20121217名誉北東砂漠のNorman
ヴァーローレグ前に広がる砂漠のオアシスにいたNormanという吟遊詩人に続きを聞く。

男の子は親友と共にクリスマスツリーを買いに行く。
人工素材で色とりどりのクリスマスツリーが並ぶ中、男の子が選んだのは
粗末で小さなもみの木だった。
それだけが、まがいものではない「本物」のもみの木だったからだ。



20121217ツインオークスのTiを訪ねよ
続きは霊性北のツインオークスにいる“Ti”を訪ねて聞けとのこと。




・ツインオークスの“Ti”

20121217ツインオークスのTiffany
霊性天使沸きエリアの北の方にある宿屋・ツインオークスにいたTiffany。

男の子が買ってきたツリーは、みんなにバカにされて笑われた。
耐えきれなくなった男の子は叫ぶ。「クリスマスって一体何の日なんだ!」
それを見ていた友だち思いの親友は、舞台でクリスマスの由来について暗唱し始める。
男の子はそれを見て自分は間違ってなかった、と思いながらツリーを抱えて外に出た。



20121217謙譲沼地のRを訪ねよ
続きは謙譲沼地にいる“R”から聞けるということだった。




・沼地の“R”

20121217謙譲沼地のRonnie
謙譲の沼地のそばに立っていたRonnieから続きを聞いた。

男の子はつぶやく。「僕のクリスマスは商売とは関係ないんだ」
だってそうだろう?世の中が狂っているのだ!
どいつもこいつもコマーシャリズムに踊らされ、浮かれ騒いでいて
そんなだからみんな病んでしまうのだ。
クリスマスこそ平穏な日々に感謝するべき日のはずなのに。

…だけど男の子を嘲笑した友だちも何かに気がついたのだろう。
みんなでその粗末なクリスマスツリーに飾り付けをして
最後は賛美歌を歌った。

おしまい。



…最後のほうは童話からだいぶ離れた気がするが、なんとなく美しく終わった。
しかしなんかまだ話すことあるんじゃない?
ほら、ね? ここまで辿ってきたんだし、お土産とかさ?


20121217世の中カネばかりだ
イイ話を聞いたのにもかかわらず、やっぱり物欲全開な冒険者たちを見て
Ronnieはため息をつきながら「Sebastianにちょっと握らせろ」と教えてくれた。
そうでなくっちゃねー。




・再度ジプシーキャンプの Sebastian

20121217頭文字を繋いだ地名ですよ
ジプシーキャンプの銀行家Sebastianは、まだたくさんの人に囲まれていた。
ツツと近寄り小銭を押しつけると、ボクにだけ聞こえる小声で囁いた。
「まだおわかりになりませんか? 私どもの頭文字を繋いだ地名に何かがございますよ」

"N"oel
"Se"bastian
"Pe"nny
"E"lizabeth
"N"orman
"Ti"ffany
"R"onnie

アナグラムだ。文字を入れ替えるとどこかの地名が出てくるのだろう。
ボクこういうパズルみたいなのとか苦手なんスよ。

抜き出した頭文字をIRCに流しながら腕組みしてぐぬぬと唸っていたら
IRCにいたJさんが「se r pe n ti n e、サーペンタインだ」とすぐさま解読。
うおお冴えてるなぁ。

サーペンタインといえば霊性天使沸きに出てくる中華竜・サーペンタインドラゴン。
どこだったか常駐している巣みたいなところがあったな。

ボクこういう地理とか覚えるの苦手なんスよ。
風景だけは覚えていたのでイルシェナーのマップを穴が空くほど眺めて
ようやく思い出した。



20121217ミスタスダッシュ
誠実ゲートの北、かつてイルシェナーの民が、今はジュカの根城となっているミスタス。
ガーゴイル語で「均衡(Mis-Tas)」の名を持つ街の中を、さらに北へ駆け抜けると
裏へ抜ける通路がある。




20121217粗末なクリスマスツリー
山道を駆け上がり洞窟を抜けると、美しい庭園が目の前に広がる。
サーペンタインドラゴンやケンタウロスが住む、サーペンタイン回廊だ。
石像のそばにある木の陰に、ちょっと粗末な枝振りのクリスマスツリーがあった。
ダブルクリックするとバッグにもひとつ沸いた。








20121217わびさび
キラキラオーナメントが飾られていたり虫が沸いたりするのも目に楽しいけれど
なんかこう「わび・さび」を感じるクリスマスツリーもいいね。








20121217スヌーピーのメリークリスマス これだね。 リンク先 : WANER HOME VIDEO

FC2 web拍手  
  • [2012/12/16 09:00]
  • 散歩編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

コメント

先日はお疲れ様でした^-^
みんなで謎解きしながらイベント攻略するのって
楽しいですね。
  • J子 :
  • URL
  • [2012/12/16 23:06]
  • [ EDIT ]
Jさんの秒速謎解きには本当に驚きましたyo!
ボクは「pe」だけに注意力を持って行かれて
一切なにも思い浮かびませんでした…w
  • ねい :
  • URL
  • [2012/12/17 16:02]
  • [ EDIT ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/815-baea7485

PR

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。