2017.09 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

不安に包まれる街

BNNの「ブリタニア☆ウォッチ」に、各街で起こっている暴動に関する続報が出ていた。
暴動に巻き込まれた街の人々がつづった手記や手紙が発見されたようだ。

BNN 【ブリタニア☆ウォッチ - 発見された日誌



20120225ブリテイン銀行員の日記
ブリテイン第一銀行には、世間の経済不安をつづった銀行員の日記。
かつては大金を預けていた貴族たちですら、不景気の影響を受けているという。


20120225ジェローム鍛冶屋の日記
ジェロームには、大口の発注を受けて大喜びしている鍛冶屋の青年の日記があった。
日が経つに連れて街の暴動は激化、そして大口注文者の異様な雰囲気におびえる様子が
綴られていた。


20120225スカラブレイの農家
スカラブレイの青果店では、いつ略奪が起こるかとおびえる日々を過ごす店主の手記。


20120225トリンシックパン屋の日記
トリンシックのパン屋では、原材料の不足・値上げにより商品の値上げを余儀なくされ
そして暴徒の襲撃を受けた恐怖が記されていた。


20120225マジンシア旅人の日記
マジンシアの宿屋には旅人が記した日記が残されていた。
そこには海路にて襲撃にあい、しかし返り討ちにしてみると
相手は困窮にあえぎ、海賊になるしか生きるすべがなかった元水夫の話が書かれていた。



20120225ユーガードの記録
ユーの治療院では、襲撃にあった交易キャラバンのガードをしていた男の記録。
陸路を行くキャラバンの襲撃が頻発するが、ガードは人員不足にあえいでいる状態。
そして実際に襲撃を受け大怪我を負った彼は、賊の中に元ガードがいたことに
驚愕する様子が書かれている。


20120225ベスパー採掘ギルド長の手記
ベスパーの採掘ギルドには、ミノックのガードギルドが契約を破って一人も護衛を寄越さず
キャラバンは襲撃され、メンバーは全員殺され、荷物も全て奪われてしまったことへの
憤りがつづられていた。


20120225ミノックガードギルド隊長の手記
そのミノックのガードギルドには、ギルド隊長による手記が置かれている。
護衛の危険度が上がり、ベスパー採掘ギルドへ契約金の値上げを要求するも叶わず
メンバーの安全を考えた結果、キャラバンへの同行を放棄したギルド長の苦渋の決断と
良心の呵責が記されていた。


20120225ミノック民家夫婦の書簡
ミノックにもう1つ、民家に残されていたのは商人夫婦がやりとりした手紙の束があった。
交易のため旅に出ている夫を待つ妻は、日々治安が悪くなっていく街の様子を手紙に綴り
どうか早く帰ってきて欲しいと切々と訴えていた。


どの日記を読んでも日々悪化する景気、激化していく街の暴動や
危険な交易路に怯えている様子が記されている。
ドーン女王が死去してから、街の景気は静かに、しかし確実に傾いていたのだろうか。
平和だったブリタニアは、これから一体どうなってしまうのだろう。






先日の大腐り祭りで自宅裏のタワーが腐り落ち、跡地に新居を構えたのだが
そのときに前オーナーのものであろう個人ブレスDEEDなどいくつか荷物を拾ったので
掲示板を設置して「荷物お預かりしています」とメッセージを残しておいた。


20120225前オーナーからの伝言
最近になってそのオーナーの一人と連絡が付いたのだが、なんとも悲しいお返事。

またブリタニアが少し寂しくなったね。

FC2 web拍手  

コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/727-fa94ed67

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。