2018.12 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2019.02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

失われし夜明け

王宮より、冒険者たちへ招集が掛かった。
ブリタニアのドーン女王より冒険者たちへ、頼みごとがあるのだという。


20110214女王の演説
バーチューベイン率いるベインの選民軍が、各地を蹂躙する今日この頃。
そのたびにブリタニア軍が冒険者と共に追い返してはいるが
兵も街も疲弊していく消耗戦の様相を見せていた。
女王は、テルマーのザー女王のアドバイスを受け、こちらから打って出ることを
決意したのだという。

BNN 【徳の影 - 夜明けのかすかな光】


20110214女王の悪魔特効剣
なんでも謙譲の神殿で、バーチューベインに対抗できる武器を得られるとかなんとか。
ドーン女王の片手には、鉄色の悪魔特効練成剣が握りしめられていた。




20110214女王謙譲の神殿に到着
ヒスロス島・謙譲の神殿へ、女王とその護衛を負かされた冒険者たちがなだれ込む。
飾り気もなく、木陰にひっそりとたたずんでいる謙譲のアンクの姿に
女王はいたく感激していた。


謙譲の徳については、公式サイト【三原理と八徳】に詳しく掲載されているが
この徳は「愛・勇気・真実」徳の三原理のどれにも属さない。
模造品が量産され街のあちこちに置かれた「勇気の鐘」はベイン軍によって蹂躙され
堕落した「真実の本」が出回って、三原理の輝きが鈍くなっている今。
三原理の影響を受けない「ものの本質を見極める」謙譲の徳が
より強い力を持つことになったのだろう。


この神殿に、女王のお祖父様から譲り受けた剣を捧げると
その剣にバーチューベインに対抗する力が宿るのだそうな。

20110214女王はマントラを唱えた
女王は剣をアンクの前に置き、謙譲のマントラ lumm を唱えた。
宙に浮かび上がる女王の剣。
どよめく冒険者たちの目の前で、剣は謙譲の徳が司る色、黒色に変わった。



新しい力を得た剣を手に、バーチューベイン軍への反撃を高らかに宣言する女王の前に
ひとりのパン屋の娘がフラフラと現れた。

20110214女王とパン屋の娘
パン屋の娘は、ひどく聞き取りにくい声で話し始める。
よく聞いてみると、こんなことを言っていた。

オルスを預かっている。その剣を持ってこい。我はデーモン寺で待っている。
 その剣を持ってこなければ、夫を殺す…!


パン屋の娘はそれだけ言うと、急に我に返ったように周囲を見回した。
周囲の冒険者たちの視線を一身に集めていることに気がつくと
恥ずかしそうに顔を赤らめ「配達の途中だった!」と言い残して駆け去っていった。
あの娘、おそらく何者かに操られていたのだろう。

オルスとは、先日より行方不明になっているという噂のドーン女王陛下の夫。
彼の身にいったい何が起こったのだろうか。
女王と冒険者一団は、デーモンテンプルへのゲートをくぐった。




デーモンとドラゴンが闊歩するデーモンテンプル。
その奥の祭壇には、バーチューベイン、そしてドーン女王の夫オルスがいた。
バーチューベインは、魔女たちが崇拝していると云われているバフォメットに似ていた。

ドーン女王はまっすぐに夫の元へ駆け寄る。
正気を失った目で妻を見返すオルス。


20110214女王とその夫 邂逅
それでも女王が必死に声をかけ続けていると、やがてオルスは正気を取り戻した。
しかしオルスの身体は、後ろにそびえ立つバーチューベインによって自由がきかない。
オルスにすがりつかんばかりのドーンは、王ではなくただ一人の女性に見えた。


20110214女王の葛藤
ベインはオルスと引き替えに、その手に持っている剣を渡せとドーンに要求した。
オルスは自分のことはいいから、民のことを思え、剣は渡すなとドーンに訴える。

後ろからこのやりとりを見ている限りでは
ドーンは明らかにオルスの身の安全を最優先に考えているように見えた。
一人の女として、愛する人の身を案じることだけで心がいっぱいになっていた。

「どちらにしても僕はもう助からない。気にすることはないんだ」
オルスはやさしく妻に語りかける。
「だからその剣でベインを討つんだ。ブリタニアのために…!」

「あなたを見殺しにするなんて…私には出来ない…」
ドーンは泣きながら夫にすがりつく。
「あなたのいないブリタニアなんて…っ」


20110214yo.jpg
「ドーン、それ以上言ってはいけないyo

yo?

ざわ・・・ざわ・・・

変な空気が流れるデーモンテンプル。




…気を取り直してバーチューベインが口を開く。
「美しい夫婦愛というヤツか。フッ」

オルスの意志に反して、彼が手にしたナイフは愛する妻へ向けられる。


20110214女王死す
真実は腐敗し、勇気は蹂躙され、そして愛は殺された。
バーチューベインによる、三原理の冒涜は全て完了した。


その後はバーチューベインの置き土産のブラックロックエレメンタルに
冒険者たちがブチのめされつつクライアントまで不正終了させられつつ
それでも数の暴力でを発揮して、置き土産は無事に討伐された。




錯乱状態のオルスはどこかへ走り去っていったようだった。
冒険者たちが女王の亡骸を取り囲んで途方に暮れていると
ロイヤルガードのジョフリー隊長が女王の護衛の加勢をするために到着した。
一足遅かったyo。

ボクら冒険者たちはこんなにたくさんいたのに、女王をお守りできなかった。
でも隊長はそんな冒険者たちを叱責するでもなく、淡々と女王の亡骸を馬に積んだ。

ふと気がつくと、ミーア族の女性がたたずんでいた。
ドーン女王に用事があってブリタニア王宮まで出向いたが出かけていると言われて
わざわざここまで足を運んだとのことだった。

ミーア族とドーン女王は、ジュカとの戦争があって以来の仲。
ミーアの女性はドーンの亡骸を見て、古い友人への哀悼の言葉をくれた。


20110214ミーアのひと
ジョフリー隊長は女王のご遺体を城へ運ばなくてはならないので
怪我をしているミーアの人を一族の村までまで送ってやってくれないかと頼まれた。
そのぐらいならお安いご用、とイルシェナーのミーア村まで列をなす冒険者たち。



20110214ドーンの思い出
ミーア村の一角にある建物に集合し、彼女がドーンを尋ねてきた理由を教えてもらった。
古き友、そしてこれからも良き友であることを願ってドーンへ贈り物があったのだという。

しかしドーン亡き今、この贈り物はミーア族とブリタニアの民の良き友の証として
そしてドーンの思い出の品として、冒険者たちに配られることになった。



20110214エルフローチェスト
部屋の片隅にエルフ式ローチェストが置かれた。
一斉に群がる冒険者。見えない見えない。



ねねーミーアの魔法の力でドーンを生き返らせたりとか出来ないの?
ユーを一晩で腐敗の海にしちゃったりするぐらいの強大な魔力を持つミーア族でしょ
なんとかならんのですかね。

20110214ミーアの魔法に期待
「可能な限りドーンを救う方法を探してみます」
お、色よいお返事。
どうかウチの女王をよろしくお願いします。

「王」としては、今回の件でちょっと疑問を持たざるを得ない場面もあったけど
「英雄」はボクらには必要なのです。


こうして希望の夜明けは、夜の闇に飲み込まれていった。





20110214ドーン人形
そんでミーアからもらったドーンの人形。
これ…は……。

ミーアのセンスがアレなのか、もしくは実は女王はミーアに嫌われてたのか
なんか両方なんじゃないかと思えてくるようなシロモノだった。


FC2 web拍手  
  • [2011/02/14 23:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

コメント

Sakuraでやさぐれている花屋です。
イベントにはまず参加いたしませんので(というかできない)、わかりやすくツッコミどころも押さえつつ楽しくご紹介くださりありがとうございました。
ストーリーがあるのって、やっぱり楽しいですね。
  • Yamabico :
  • URL
  • [2011/02/15 16:56]
  • [ EDIT ]
ながくどいイベントレポートですが
お楽しみいただけたようで嬉しい限りです。
ありがとうございます。

数年後に読み返して、こんなイベントだったんだ
こんな時間を生きていたんだと懐かしむために
できるかぎり全容を書きたかったのです。
5時間ぐらい書いてた気がする。
  • ねい :
  • URL
  • [2011/02/15 20:10]
  • [ EDIT ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/602-66549952

PR

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。