2017.09 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

行列ができる島

浮き島ボス、コーガルさんちはどうやら大繁盛のようで
浮き島への受付窓口であるコブトスの祭壇前には行列ができているらしい。
入場券獲得のために3人ほどが向かっていったので、ボクはギルドハウスで待機。

無事に入場券を獲得できたらすぐさま持ち帰ってもらい、チキンメイジが受け取る。
読んで位置を特定して、浮き島へ一番近いであろう岸辺へ一人リコールし
船を出航させてからギルドハウス前で待機している人たちをゲートで迎え入れる。
華麗なる流れ作業。


20101025生えたんですか?
いつも航海中の話題は某氏の毛根についてだが、そこまで直接的表現をしてはいかん。


浮き島にはすでに2隻の船が頭を突っこんでいた。
3チームで先を争うようにボスに殴りかかる。

201010253チーム大集合
今回は完全に援護に回るチキンメイジ。
最初はHPバーを見ながら、比較的ライフが危ない人をターゲットに範囲ヒールをしていたが
ヒールをしようとした瞬間にものすごく遠くに大逃げされてしまったりしたので
死ぬギリギリまで張り付いているL氏をメインターゲットにして神秘の範囲ヒール。
そのせいか、L氏は死亡数が少なかったようだった。
死にたくない子はL氏に張り付け。


さすがに3チームも来ていると、お土産をもらえた人は1~2人程度だった。
ボクはヒールだけだったのでお土産をもらえるはずもなく。
そこら辺に転がる海賊たちの死体を漁って、おこづかいを少々ちょうだいして帰宅。



浦島師匠を散歩に誘った。

20101025それはちょっと
すると鍜治ハンマーを取り出し「これ試したいんだよね」という。
プロパの数値が高いのでお気に召したようだった。
それはええと…どうなんでしょう。

不安を感じてメイジにキャラチェンジ。
いざというときのサポート万全な体制で、赤蜘蛛の部屋へ向かう。

「その赤蜘蛛って強い?」
すごく強いです。
細かいことは説明しなかった。カラダで覚えるがいい。


20101025ハンマーで赤蜘蛛へ
誰かが叩いていたらしく、HPが半分ぐらいになった赤蜘蛛が出迎えてくれた。
予想以上に粘っている浦島師匠 feat.鍜治ハンマー。
危なくなったらヒールをしようと身構えているのだが、その必要はなさそうだ。


20101025隕石死
と思ったら轟音と共に巨大な岩が雨あられと浦島師匠に降り注いだ。
落石スイッチを入れに走っていた人がいたのだ。

何をする間もなく浦島師匠とその愛車の断末魔が赤蜘蛛部屋に響き渡る。
大変不運な事故でありました。
ちょっと笑ってしまったのは秘密。




落ち着いたところで少し詳しい説明をする。
蜘蛛の巣で動けなくなること、不運な事故を体験していただきましたが落石攻撃があること。
ココの目玉商品はタングルというエプロンで、10M以上の値が付くこと。


20101025そんな簡単には出ない
「そのエプロンて棺桶にあるの?」
カバンに沸くよ。
* ごそごそ * 「残念、なかったw」

そんなに簡単に出たらタングルそんなに高くないです。

FC2 web拍手  

コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/554-4d22bfdd

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。