2017.09 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

赤蜘蛛特効剣

20091014剣豪
よりによってドブネズミ相手とはなぁ。
非常に納得の行かない相手で伝説の剣豪サムライになりました。


ゴミが宝になった
旧ギルドマスタの遺産で引き継いだ、倉庫ハウスに残されていた大量の武器防具を
L氏にお願いして抽出してもらったら、レリックの破片がたくさんできた。
しかしまだ倉庫には結構な量の武具が整理できずに残ってるんだよねぇ。
これはもう自分でレリック抽出できるぐらいのスキルまで上げねばならないということなのか。
つかパワスクいただいちゃったりしてるんだから、ちゃんとスキル上げろという話か。


もうひとつ、L氏に依頼した。

赤蜘蛛専用
赤蜘蛛専用 練成Rシミター。
もっとよさげな武器の種類があったかもしれないが、Rシミタが使い慣れてるし使いやすい。
しかし用途に合わせてこんな便利なものが作れちゃうんだな。


20091014コンセク貫通150ダメ
さっそくこれを担いで、L氏のイヌテイマと一緒にアンダーワールド赤蜘蛛の巣へ。
戦士とメイジの人がやっていたところに混じらせてもらう。
名誉・エネワン不要、コンセクとLTSで通常60~80、貫通で最大150ダメージが出る。
これは面白い。

しかし棺桶の中身が本当にゴミしか入っていない。
んー前はもうちょっと黒本とか出てたよね。スクロの破片なんかすごくたくさん出てたのに。
やっぱり戦利品内容下げられたのだろうか。

赤蜘蛛を叩いているウチに沼ドラの鎧が剥げた。う、替えがない。
生まれて初めて乗った沼ドラは酸ドラだったので、鎧着用ドラの扱いになれておらず
装甲証書を持ち歩く習慣がなかったのだ。



沼ドラ鎧をとりに自宅へ戻ると、浦島姐さんがゴキと荷馬を連れてやってきた。

各キャラクターの銀行にマジックアイテムがたくさんあって、新しく建てた家に持ち帰ったら
もうストレージがなくなった、という話をしていたので
抽出バッグを3つ渡して、いらなかったらこれに入れてください!と言ってあったのだ。

荷生物たちにはみっちみちにアイテムが詰め込まれている。
姐さん本人も、自分にブレスをかけながら歩いているような状態。
倉庫ハウスへ案内する。

山盛りアイテム
3袋とも100アイテム以上入っていた。
「まだあるんだよ」
すげぇな。よくこれだけの量を保存してたもんだね。

中身を見てみると…おお? これは今やパッチレアとなった命中盾ではありませんか。
命中13回避14と、ちょっとよさげな強度。
ざっと見てみても、他にも入っていそうな雰囲気。
これは一度中身を確認しないと、うっかりお宝まで抽出してしまうかもしれん。


全部・・みるの?
…てことは、これ全部確認するってことですか?


FC2 web拍手  
  • [2009/10/14 13:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

コメント

クモは糸吐かなくなったから白豚での死亡率激減してるので
行きやすいといえば行きやすいのですが

HP7-8倍、戦利品微妙となるともうスキル上げがてら
でもないと変更入るまで行くことないかもです

レリックは伝説+ガーゴになれば自製ある程度安定しますから
むしろ面倒なのは特殊素材使うほうですねぇ・・

巷では木防具がどうとか言ってますが、鉄防具の強化と
AF等の組み合わせで従来の神白豚レベルの装備は整いますです
  • miff :
  • URL
  • [2009/10/14 19:58]
  • [ EDIT ]
赤蜘蛛のHP上がってしまったのは仕方がないかなと思う。
本当にHPが少なすぎた。
しかし頑張った先にお宝があるとなれば
それでも頑張るつもりだったのです。
アレは中身少なすぎ。ガッカリ。

特殊素材集めるのは大変だけど
それを取りに行くのは楽しいので
出かける目標になっていてそれはそれでいいかも。
しかしその相手がネズミばかりなのはもう勘弁してほしい。
  • ねい :
  • URL
  • [2009/10/15 08:12]
  • [ EDIT ]

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/286-83f42e23

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。