2017.09 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

その1 プロローグ

2001年。
ブリタニアではイルシェナーという新世界が発見され
「第三の夜明け(Third Dawn)」といわれた年。

ひとりの戦士が生まれた。
ブリテイン墓場でスケルトンを追いかけ回り、
デスパイスでアースエレメンタルに挑んで腕を磨き、
コブトスでリッチを相手に鍛練を積んだ。

そして翌年の始め、新しく生まれた妹に家長の座を譲り
オーブンの前でパンを焼く仕事を黙々とこなす生活に入った。

わがままな妹たちの要求のままに
錬金術を学び、岩肌を掘り返し、木を削り、魚を釣った。
鍛え上げた槍術の技は、魂の石を介して妹に譲った。
何に使うのかわからない、中途半端な細工の技術を押しつけられた。
金券を持たされ、妹たちが使う高価な品物の取引にも向かった。
何年も、何年も過ぎた。


「ねーさん、ちょっと来てくれる?」 と、妹が目の前に置いたのは、
1,000,000gpの金券が3枚、Fencing 100の技術が詰め込まれた魂石。

「これ準備金。あと家にあるもの好きに使っていいから

 ちょっとアーティファクトとってきてくれる?


* + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + *


すっかりスキル倉庫となっていた、旧ガチンコ戦士をひっぱりだし、
ちょっくらDOOMとやらに出かけよう。

と、いきなり思いついたけど、先立つものはまずオカネ。
我が家の貯金はわずか3M

・今流行の「白豚」とやらは装備にお金がかかる
・ネクパラという、白豚の前段階ならちょっと安上がりでも何とかなる

この古い純戦士をちょっと改造すれば、ネクパラくらいにはなれそうだ。

非常に安易な考えで計画を実行に移すことになった。


FC2 web拍手  

コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://necropara.blog7.fc2.com/tb.php/2-d604efa1

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。