2013.02 ≪  4 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2013.04

ずずいっと奧へ

バグってるらしかったクロックワークエクソダスが修正されたということなので
カルマ上げも兼ねて久しぶりに行かないかい、とお誘いをいただいた。



近接戦士3人。後衛メイジはなし。
巻き合う包帯がほぼ唯一の回復手段。

近接戦士のみで討伐するには、ちょっとした小技がある。
実は以前にも3人パーティで実践してみたのでコツは掴んでいる。


20130304つられてつい。
しかし今回の三人目の参戦者が初体験だったのをすっかり忘れていた。
簡単な説明しかしなかったのでなかなか息が合わず、ポロポロ死なせてしまった。
ごめんねぇ。

そして何故か一応経験者のはずのボクもご一緒に死んでたり。
アレだ、いつも使ってるマナリ限界突破武器が耐久少なかったのだが修理が面倒で
別の武器を持ってきてしまったからだとか装備新調したから勝手がわからなかったとか
言い訳は色々。

削っては死に、叩いては死にと3・4回死んだところでようやく3人の息が合い始めた。
流れに乗ってしまえば、近接戦士のみでも楽勝のクロックワークエクソダス討伐戦。





で、その小技。
いつものように定位置に重なって待機。
曳航されてきたエクソダスとバトルが開始されたら、3~4歩前進。
エクソダスの三脚の真下に潜り込んだら、あとはいつも通り叩く。
これだけ。


(以前の立ち位置。死の竜巻の黒い渦がギュンギュンしている)
201212153ケタダメージキモチイイ
エクソダスのつま先に斬りかかる今までの戦闘スタイルでは
エクソダスの直接攻撃&魔法攻撃に加えて、死の竜巻が周囲に渦巻いている。
この死の竜巻に何の効果があるのかわからないがなんかすごく痛い。



(新しい立ち位置。ぎゅんぎゅんが出ない)
20130304竜巻こない
しかしエクソダスの股下にずずいっと食い込んで、下から突く作戦だと
死の竜巻が発生せず、ゲンコツや魔法のダメージだけで済む。
すごく痛いのがなくなるので、包帯の巻き合いだけで踏ん張ることができる。


やることは簡単だが、メンバー全員が一斉に前進しなくてはいけないのが難しい。
出遅れたり、オーバーランしてなかなか所定の位置に付けないでいると
たちまちエクソダスが動き出して竜巻が発生してしまう。

ウッカリ死んで戦列を離脱すると、戻ってくるときにまた竜巻が発生。
その渦の中、再エントリーしなくてはならなくなり、戦闘中の仲間を危険にさらしてしまう。
「死なない、そして死なせない」というのも勝利条件といえる。






1戦終わったところでMさんが「もう一回やらない? 今度は二人で」と言い出す。
2人ですか…ボクはもれなく“雑巾豚”となっておりますが、大丈夫でしょうか?


20130304ふたりっきりのエクソダス討伐戦
というわけで包帯武士騎士のMさんと、包帯白豚のボク。
近接戦士ふたりっきりで、エクソダスと対峙する。

実はアナトミを入れていない雑巾豚。
濡れ包帯は使っているが、包帯スキルは上げ途中の94.5。
そして包帯巻きは、手動。

ボクが先に死んでも、たぶんMさん一人で逃げおおせることができるだろうが
もしMさんが死んでしまったら、残されたボクは間違いなく死ぬ。
ボクが死なないためにはMさんを死なせないようにするしかないバディシステム。
開幕すぐに勇ましく前進するMさん。モタモタとついていく雑巾豚。
バトル開始。



20130304安定の2人組討伐隊
人数が少ないほうが落ち着いて戦えたように思う。
自分は相手に、相手は自分にだけ包帯を巻けばいいので、迷いがなくて安定した感じ。
エクソダスのターゲットになる人数が少ないためか、ふらつきも少なくて済んだようだ。
まさか戦士2人だけでエクソダスが討伐できるなんて思ってもみなかった。
いい体験をさせていただきました。

ショボい包帯巻き以外なんの役にも立たなかったくせに討伐後ちゃっかりオカネを拾う。
転送バッグのチャージなくなって人から借りてまで全部かき集めてホクホク。




少人数包帯戦士によるエクソダス討伐戦に関して
::: Viva La Raza ::: さまが 「[UO] エクソダス2人狩り(包帯戦士x2編)」にて
実戦の動画付きで詳しいお話が掲載されていました。
死の竜巻についての効果も詳しく書かれていて勉強になりました。
ありがとうございました。

「竜巻がなんかすごく痛い」とか書いている自分が恥ずかしくなってきました。


FC2 web拍手  
  • [2013/03/04 19:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(6) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME