2012.11 ≪  1 4 6 8 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2013.01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

出遅れサンタのお年玉

家でもモチモチ改良していたら友人がやってきて
裏手の家と、その隣の2件が腐り始めていることを教えてもらった。


20121230限界集落
こちらにお住まいの方も、長くここに定住していらした方だったと記憶している。
住人の方と直接話をしたことはないが、我が家の前を駆け抜けていく姿を
幾度となく見かけたことがある。



20121230激近真裏
我が家の真裏にある土台ハウスと、少し離れた本宅らしい家の2件が
同時進行で腐敗していた。
本宅も土台もプライベートになっていて、残荷状況を確認することはできない。

すぐ近所ということもありこまめに観察していたので、かなり正確な腐敗時間を算出。
朝の7時半~8時頃に崩壊するようだ。
ボクの起床時間にピッタリなので、最後の瞬間に立ち会うことができそうだ。



そして当日の朝。
特に早起きすることなくいつもの時間に起きて、ステルス君でコッソリ偵察しに行くと
本宅周辺には、荷ラマやビートルを引き連れた人が2・3人。

ちょっとした資材狙い、あとはソウルストーンがあったら預ろうと思いつつ
なんとなく他の人に見つからないようにハイド待機していると
本宅は時間通りに、静かに崩れ落ちていった。


家が消え去ったその跡に残った物は、高く積み上げられた木箱の壁のみ。
内装などはしていなかったようだ。
もともと装飾に興味がなかったのか、それとも引退の身辺整理は終わっていたのだろうかと
思ったが、木箱の中に個人ブレスディードが残っているのを発見。
残念ながら身辺整理はされていない様子。


20121230染料三昧
もう少し木箱を漁ってみると、大量のトクノMAFとトクノ染料を見つけたので
ありがたくいただいて終わり。
サンタのクリスマスプレゼントにはちょっと遅く、お年玉にはちょっと早いかな。
出遅れたサンタの気の早いお年玉、といったところだろうか。




さて、残りは土台ハウス。
若干こちらのほうが腐敗が遅れているらしく、まだ消える様子はない。
ボクの目的は、本当は荷物なんかではなく、コチラの土台の方なのだ。
(とかいいつつちゃっかり本宅の荷漁りしたけど)

我が家の真裏。
ほぼ最大に近い18*17の土地。
…ここが欲しい。

まぁ土地余りなこの時代に、好環境でもなく、前方家屋と激近な土地が欲しい人なんて
よほどの物好きか、前方の家主のどちらかだろう。
つまり前方の家主であるボクとしては、離れたところにある倉庫をここに移設したいのである。




荷ラマを連れた人たちが戻ってきて、土台ハウスの横で待機している
本宅の荷物にソウルストーンを一瞬見かけたのだが、他の荷物を見ているうちに
見失ってしまったので、もし拾っていたら譲ってもらえないかと聞いてみたが
拾っていないとのことだった。

何度も探したが結局見つからなかった。
将来、他人のソウルストーンを何かに使えるようになるかも、と公式見解があったので
誰か他の人が持って行ったのだろうか。残念。
崩壊した家の縁故者かと問われたので、ただの近所の者であると回答。
そこの、手前の、南の、やたら激近な家の者です。

しばらくして朝のメンテに入り、メンテが開けてもまだ土台姿だった。
もしソウルストーンを見つけたら我が家のポストに投函してくださるとのことだったので
是非にとお願いをしてボクはログアウトした。




20121230激近倉庫
昼頃に時間が取れたので見に行ってみたら空き地になっていたので、家を建てた。
我が家に激近な倉庫ができました。
18*17が建つ土地だったが、あまりに激近すぎるので1列減退して18*16。

ハウス間テレポーターを持っているので、本当は物理的距離はあまり関係ない。
しかし万が一、土地余りのこの時代にこんなに距離の詰まった場所に建てないとは思うが
こんな激近距離に知らない人の家が建ったらちょっと落ち着かないだろうし。



20121230さよならマイハウス
というわけで長く住んだ旧本宅(現倉庫)は、お別れのカウントダウンが始まった。

建築日2006年9月は、ブリタニアを離れ、大航海時代の海に繰り出していた頃。
クレカ払いで課金は続けていたので、大航海メンテの日にUOにログインしてみたら
7*14のギリギリ3階建ての小さな我が家の目の前に、14*18の大きな土地が広がっていて
ウッカリ建ててしまった家だった。

それから今年始めの大腐り祭りで新しい土地を獲得するまでの6年4ヶ月の間
ここを活動の拠点として生きてきた。
勇ましく出陣してはボロボロになって帰宅し、戦利品を収納してはどこにしまったか忘却。
スキル上げ、生産活動、時には来客を迎え入れ、時には来客に出迎えられ。
ロックダウンを忘れては嘆き、思わぬところから思わぬ物を発掘しては喜び。
この家と過ごしたたくさんの思い出。




20121231引越履歴
丸マップに納まる範囲内での短距離転居はしてきたが、ここに居を構えて早10年。
ボクがこだわっているのは、ピンポイントに「この家」ではなく「地域」なので
今更この家を捨てることをためらうことはない。
だけど一番長く住んだ家。
やっぱり別れは寂しいものである。


今は倉庫型に改装してしまっているが、荷物を片付けたら以前の石造りに戻してやろう。
そして解体ではなく自然に任せ、土に帰っていく様子などを眺めて過ごそうと思います。





20121231故人の個人ブレスディード
腐敗の瞬間に立ち会われた方から、遺品の個人ブレスディードを届けていただきました。
ありがとうございました。
いつの日かご本人にお返しできる日が来るまで、しっかりお預かりさせていただきます。

スポンサーサイト

FC2 web拍手  
  • [2012/12/31 10:00]
  • 散歩編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。