2012.10 ≪  1 5 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2012.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

時計仕掛けのエクソダス

先日クロックワークエクソダス討伐戦へ飛んでいく団体さんの後ろ姿を
羨ましげに眺めていたことを書いたら、その団体さんが声を掛けてくださり
討伐パーティに入れてもらえることになった。
ありがとうございます書いてて良かった脳筋日記。


20121122エクソダス誘ってもらった
参加メンバーは14~15人ぐらいだろうか、こんな大人数のパーティは何年ぶりだろう。
1パーティ10人までしか参加できないので、戦士隊・メイジ隊の2組に分かれる。


20121122戦士分隊と名誉の神殿
ゲートを出してもらった戦士隊は、名誉の八徳神殿へ。
メイジ隊は別のところへ行ったようなので、1パーティ1神殿なのだろう。


20121122名誉のシンボルに召喚祭壇
まずは「召喚祭壇」のDEEDが使われる。これは1パーティに1枚あればいいらしい。
すると徳のシンボルの上に、祭壇に乗せられた「エクソダス召喚の大書」が現れた。


20121122察しの悪いボク
全員が「召喚の衣」を着用し、「召喚の短剣」を手にする。
そして「召喚の魔書」をダブルクリックし、大書をターゲットする。
大書には時間制限があるので手早くやらなければならないのだが
要領の悪いボクはモタモタしてご迷惑をかける。
すみませんすみません。


20121122ブリタニアへの忠心の証
大書は問いかけてくる。
ブリタニアを悪の手から守ることを望むなら、生贄の短剣をこの書に突き立てよ。
貪欲と富を望むなら、生贄の短剣を自らに突き立てその血をこの祭壇に捧げよ。

正義を貫き平和を求めるか、悪に忠誠を誓い富を求めるか。

もちろん答えは決まっている。
手の中の短剣を、エクソダス召喚の大書に深々と突き立てた。





20121122ヴァーローレグに進軍
視界が変わると、そこは禍々しい気に満ちたヴァーローレグ。
一度は討伐された悪の化身は、その邪悪な力をもう一度ふるうべく
またここで復活を果たそうとしているのだ。

アンクが設置されているのを見て「とりあえず死んでも安心」とか
残念戦士を地で行くようなことを思いながら、2組のパーティは広いところへ移動する。


20121122布陣を敷く
メイジ隊が後方に布陣、戦士隊は1ヶ所に重なって待機。
チームリーダーMさんがボスを連行してくるのを待つ。




20121122クロックワークエクソダス
駆け戻ってくるMさんの後ろからClockwork Exodus(クロックワークエクソダス)が姿を現した。
以前のイベントで見たエクソダスとは違い、メタリックシルバーに輝くその無機質な姿は
「クロックワーク(ゼンマイ仕掛け)」の名の通りだ。


20121122エクソダスと勇者たち
ちゃんと忘れず持ってきたマナリ特化のウォーアックスを握りしめて戦闘開始。
背後のメイジ隊から手厚い回復魔法が絶妙のタイミングで飛んでくるので
安心して戦うことができる。

クロックワークエクソダスはエネルギー波や、死の竜巻、ガス状エーテルを発生させたり
多彩な範囲攻撃を放ってくる。

神秘魔法も取得しているらしく、パージマジックでこちらのヴァンプ変身を剥がしてくるが
どうせライフリーチ無効なのでそのまま気にしないことにした。

今気がついたけどエネワンしてないなボク。
だいぶ緊張していたようだ。


20121122クロックワークエクソダス討伐完了
やがてクロックワークエクソダスはゴールドをまき散らしながら地に沈んだ。
一度も死ぬことなく討伐完了。



20121122何も出なくても楽しかったです
残念ながら何も湧かなかったけど、とても楽しい、充実の初体験だった。
お誘いいただき本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

FC2 web拍手  
  • [2012/11/22 15:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。