2012.07 ≪  2 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2012.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

ナタリーとバラの花

ログインしたら「Natalie」の姿がなかった。


20120807ナタリー?
荷物を積んだままその辺に放置して寝落ちしてしまったようだ。

我が家の生産部門長・青いのが乗っていたジャイアントビートル「ナタリー」は
AoS(正邪の大陸)導入時から乗っていた相棒だった。
数字と日付を記憶することに関してトコトン弱いボクだが
ナタリーとの出会いはほぼ正確な時期を覚えている。

土地不足で家無き子がたくさんいた時代に導入された、AoSの新世界“マラス”。
建築可能な土地が解放されるということで世界は土地争奪戦の大パニックとなり
巻き戻りの嵐が吹き荒れ続けていた頃。
昨日建てた家が今日は違う人の家になっていた、なんて話がたくさん聞こえていた。

巻き戻りに巻き込まれないように、ペットの乗り降りをしないようにしていたつもりだった。
しかしほんの少しだけ、ビートルから降りてしまった日があった。
そして翌日インすると、スキル・ステータスMAXに鍛え上げていたビートルは消えていた。
ほんの少し降りてしまったそのわずかな時間へ、ジャストミートに巻き戻られていたのだ。

で、代わりの足として新しく購入したのが、ナタリーだった。
思い入れがあったのはナタリーの前に乗っていた相棒で
ナタリーはごく普通の、鍛えてもいないただのジャイアントビートルだった。
普通のビートルだったけど、8年ちょっとの間、いつも一緒にいた。

8年乗ったという事実があるだけ。
青いのがブリタニアで過ごした時間の大半、ナタリーと一緒だったというだけ。
思い入れは、なかったと思う。






20120807備品一式
ナタリーの背中に積んでいた荷物も、もちろん消滅していた。
うおおそっちのほうが問題じゃ。



20120807昔の裁縫室
積んであった荷物は、裁縫室に置いてあったもの。
テーブルやイス、熊の敷物やアドオンなどの内装備品。
他には各種染めタブ・AoS謝罪サンダルの全色コンプリートセット・旧初期装備のハサミ。
トレジャーオブトクノの特殊染料、変身衣装、スライム染めの糸玉など。
それから、ずっと裁縫室に飾っていた、一輪の赤いバラ。

内装備品はまた作ればいい。染めタブはまた貰えばいい。どこかで購入もできるだろう。
サンダルや衣装は惜しいが、自己満足のコレクションだったので片づけたと思えばいい。
他のものも、きっと今後も使わないものだろうから諦めもつく。

でもあれだけは失いたくなかった。AoSで貰えた謝罪アイテムの、一輪バラの花。
後年、花瓶付きで「一輪挿しのバラ」となって配布されたようだが、それには興味がない。
ボクにとって大切だったのは、友人の名前が入った一輪のバラ。



ブリ銀前に立っていると、いろんな人が隣に立った。
何人ものプレイヤーと横並びに並んで話をしていたこともあった。
裁縫師の彼とは、そこでバルクオーダーのやりとりを通じて知り合った。

口ひげアフロのナイスガイ、働き者でバルクの引きは神様級。
いつもルニックだのランク5布(※当時は高額でやりとりされていた)が出ただの言っていた。
怠け者でクジ運の悪いボクは、いつも彼の戦利品を見せてもらっては
イイナイイナと指をくわえていた。

しかし次第に彼の姿を見かけなくなっていった。
ちょうど友人・知人が一人去り二人去りしていたころだった。
彼のことは気にしつつも、まぁブリタニアの別れはいつもこんな感じだと思っていると
ある日ひょっこり銀行前に現れた。

彼は自分の名前が入ったAoS謝罪バラをぬっと差し出してきた。
リアルで恋人と一緒に住むことになったから、もうブリタニアには来れないと思う。
彼はそう言った。

家とお金があればまた戻ってこれるから、と家以外の財産はほとんど売り払ったと言った。
AoS謝罪まだ貰ってなかったから、バラにしたんだ、というようなことも言った。
利益追求にシビアだった彼が、当時売れ筋だったサンダルではなく
何故バラを貰ったのか、どうして自分にくれるのか、疑問に思いつつ受け取った。
彼とはそれなりの時間を共に過ごしたが、モノをタダでくれたのはコレが最初で最後だった。

そのあと少ししてボクもブリタニアから別のゲームへ移住したこともあり、連絡は途絶えた。
時折ブリタニアの様子を見に戻って来ていたので、そのときに彼の家を訪ねてみたが
更地になっていた。

彼に特別な思いがあったのかと言われたら、たぶん、なかったと思う。
友人として、そして常に利益を追い求める企業家として、尊敬はしていたかな。





なんだか心にぽっかりと穴が開いたようだ。
一度に大切だった“かもしれない”モノを、2つも失ってしまったようだ。


20120807なぐさめてもらう
何かする気にもなれなくて、力無く内装品を置いたり取ったりしていると
Twitterの悲しみのツイートを見たN嬢が訪ねてきてくれて、慰めの言葉をかけてくれた。



20120807出会いの思い出
二人の初めての出会いなどを話した。
仲良くなったのはワリと最近だが、初対面はずいぶん前のこと。
思えば不思議な縁だよね、などと言って二人で笑った。


失った相棒は空の星になったと思って、新しい相棒との絆を大切にしていけばいい。
昔の友は心の中の思い出にして、今、目の前の縁を大切にしていけばいい。
なんだか心が軽くなった気がした。
N嬢ありがとうね。






20120807あったし
と思っていたら、倉庫からバラの花その他いろいろを発掘したのでした。
今ずらずら書いた長口上は無意味かよ。
もう自分の記憶なんて信じない。


FC2 web拍手  
  • [2012/08/07 22:00]
  • 雑記編 |
  • TB(0) |
  • COM(4) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

可及的速やかに

ここのところずっと倉庫ハウス(旧本宅)に引きこもって、改装の準備をしている。


20120801撤去作業
で、“計画的”という動作が苦手なのか、旧宅で何かしらアイテムを外しては
「あ、コレ新居に飾ろう」と持って行く→設置場所に手間取る→腕組みして考える
↓        
本日の業務は終了しました(寝落ち)        



それで一日が終わる。
まったく片づかない。



20120801分割粉砕
しかも設置場所を新設しようとだいぶ住み慣れてきた新居をカスタムモードにしたら
幸運壺が外に飛び出して看板下に貼り付いてしまったのはつい先日の話。
他にもゴザの上げ下げに失敗してアドオンを分割粉砕してしまったり
手間と時間ばかりかかっている。




20120801可及的速やかにセキュアを整理せよ
しかし事態は早急に解決せねばならない。
限りあるストレージの残機は限りなく少ないのである。
一生懸命考えた。夜も寝ないで昼寝して考えた。




20120801豆腐は様式美
離島にある倉庫は処分して2つに分かれてしまっている倉庫も1つにまとめたい
でもここに建てられるサイズのクラシックハウスではストレージが足りなすぎる
じゃあアッサリ夢は諦めてしかしそれっぽいデザインのカスタムハウスにしよう
思いの外再現が難しくてやっぱりサックリ諦めて平屋を組むがどうみても豆腐
そしてこの豆腐をコミットする前に3階で手つかずの荷物を撤去せねばならない
本宅は荷物を仮置きできる状態ではない離島倉庫は余分な荷物増やしたくない。


というわけでやっぱり何も進みませんでした。
脳内予定表ではまったく解決しないことがよくわかったので
切り取った7月のカレンダーの裏に小学生の夏休みの予定表みたいなモノでも
書いてみるしかないようだ。




ここまで書いてきてようやく
「別に荷物全撤去しなくてもパッキングコンテナ入るからいいんじゃね?」
ってことに気がついた。


FC2 web拍手  
  • [2012/08/02 01:00]
  • 雑記編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。