2011.06 ≪  4 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

たのしい扇動生活

毎日飽きずにタングル閣下(仮名)をピポパポ扇動して遊んでいるチキンメイジ。
クエスト終わらせてしまったのでもう何匹討伐したかわからない。
800chぐらいある楽器を2個消費した。
もらうお金よりも保険代のほうが高いです。

20110709時間短縮
でも楽しいからいいの。
扇動が好きなのだ。
殴り合うモンスターを見ているだけで幸せ。
たまに居眠りしてしまうのはご愛敬。



20110709イオロノリュート
そういえばこんなMAFがあったよね、イオロのリュート。
悪魔特効楽器は家中ひっくり返しても出てこなかったし
チャージ回復するMAF特効笛はどっか行っちゃったし(セキュアのどこかにあるはず)
これは使い捨てになるがチャージ数多いし個数も持ってるしジャンジャン使うことにした。

しかし特効楽器を使ったところでそれなりに扇動失敗もするので
あってもなくてもよさそうな気がする。






某GギルドのN嬢からお誘いがきた。
「どっか遊びに行きませんか」
アセニウム島で一人遊びしているよ。

近接戦士のN嬢と、弓戦士のR氏がやってきた。
ボク援護下手なんだけどサポート務まるかしら…。


高台で扇動をかけるチキンメイジと、ぱすぱす弓を打つR氏。
下に降りてタングル閣下に殴りかかるN嬢。

扇動がかかっているからといくぶん楽観的に見ていると、あっさりタゲが移っている様子。
2体扇動→範囲攻撃でタゲ移る→2体ともN嬢に向かう

201107092匹はきついわな
→ 死
「これはムリゲーww」

結果、N嬢をポロポロ死なせてしまった。
ボクはピンチに対する反応が遅いようだ。
ごめんよう…。


一人で遊んでいるときは、なかなかタングル閣下がこっちに寄ってきてくれなくて
高台から降りてトラップドアスパイダーに囓られながら閣下を呼びに走り回るのだが
二人がやってきたとたん、向こうから飛んでくるわ倒したと思ったらすぐそばに沸くわ
誰かタングル閣下に好かれてる人がいるのかと思うぐらい大盛況。

ルートするヒマもなくすぐに扇動かけて同士討ちが始まる。
殴り合うタングル閣下の足下には、今倒したばかりの閣下の死体。
ここでチキンメイジお得意の微妙な小技が炸裂。
「ちょっと遠くにオトリEV出して扇動かけてじわじわ閣下に移動してもらう」を披露。
小技すぎてお恥ずかしいかぎり。





結局N嬢もメイジにチェンジして魔法打ち込み。
魔法打ってるとねむくなってkr…zzz



20110709挑戦の儀ばっかり
6・7体ぐらい倒して、本3冊。
全部同じ本だった。なんなの『挑戦の儀』出やすいの。
仲良く1冊ずつ押し付け合って解散。




20110709ほんと挑戦の儀ばっかり
2セット目は地道に集まり中。
押しつけてきたにもかかわらず『挑戦の儀』がダブり始めている。



FC2 web拍手  
  • [2011/07/09 20:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(4) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

甘味七夕

今年もお騒がせバカップルがブリタニアの冒険者たちの力を借りに来た。

BNN 【愛の対決

「究極の料理」を追い求めて…いるんだかなんだかいい加減な男、アルタイル。
こんな男を見放さない寛大な心を持ったイイ女、ベルガ。
そして、毎年何かしらの障害物を、ベルガとアルタイルの間に築き上げるベルガの父。

その障害物を乗り越えるのは、毎年ブリタニアの冒険者たちなのだった。



今年はアルタイルが何か思いついたらしく、ブリテイン銀行前にて
事前にクリームパイが配られていた。

20110707メサンナのクリームパイ
かつてブリタニアの冒険者たちを大量虐殺の宴へと招待したメソナのクリームパイ。
当時苦労して手に入れたのに、そのあと色々なときに入手できるチャンスが到来して
すっかり大盤振る舞いでちょっと悲しい。


20110707白パイ10個
元々持っていたパイ3個に、7個が追加された。
大魔王バーチューベインを恐怖の甘味地獄に陥れた羊飼いのパイと合わせて
オセロゲームができてしまいそうだな。


とりあえず白パイ10個とUOAを使って、パイ投げ連射マクロを組んだ。
 ・アイテム使用
 ・ラストターゲット
 ・ディレイ900
を10個分。
初回だけ手動でパイを当てたら、あとはマクロキーを押すだけで同じ相手に投げつけられる。


準備は完璧。
あとはアルタイルがアンブラにやってくるまでまだ時間があったので
ちょっとそのへんプラプラしていよう。







寝過ごした('A`)

急いでアンブラに行くと、既に会場へのゲートが開いていた。
慌てて飛び込む。

目の前に広がる星空の道。
ちょっと先へ進むと、冒険者たちが大勢で壁に貼り付いていた。
まだ終わってなかったよかった。

20110707星の道
で、何をしたらいいのか観察。
壁の前には、壁と同じ色をしたモンスターが一列に並んでいる。
このモンスターに向かって、皆クリームパイを投げつけていた。

この地獄のクリームパイで、モンスターを投げつけて倒すのかと思ったが
周囲の話を聞いているとそうでもないらしい。
「……お腹いっぱい」「……満腹」そんな言葉が聞こえてくる。
このモンスターにクリームパイを投げ与えているのかな。

とりあえずパイ投げ連射マクロでビシバシとパイを投げ与える。
食いしん坊のガーディアンたちは満腹になったのかその場に倒れ伏した。


20110707壁爆発
ちょっと待っていると、爆炎と共に壁が消えた。
どうやら突破したようだ。




20110707ゾンビ壁
そのあとは痩せの大食いゾンビ壁。


20110707酸王子壁
ミッチリ詰め詰めのファットプリンス壁。



20110707おなじみ愛の料理
最後は毎度おなじみの「愛の料理」「男の食べ物」壁。



20110707乙女と生臭料理
食べられる愛の壁の向こうには、なぜか生臭い料理を目の前に置いたベルガ嬢。
みんなで話しかけてもうんともすんとも言わないベルガ。




20110707ダッシュアルタイル
仕方なく短冊にお願い事などを書いていると、食い散らされた愛の壁をすり抜けて
雄叫びを上げながらアルタイルがやってきた。



20110707かぶりすぎ
アルタイルが着席したとたん、ベラベラ喋り出す二人。
去年も思ったけどな、二人で一斉に喋りすぎて何も読めません。


まぁとりあえず、二人は愛の障害を乗り越え、今年もますます愛が深まったのでした。




20110707ニュースネズミ
家に帰ったらさっそくニュースネズミが二人の愛を広め回っていた。
地獄耳だな。

FC2 web拍手  
  • [2011/07/08 14:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

泣きべそコンプリート

Minion of Scelestusを狩ってガーゴイルの文書を集めるお仕事も最終段階
『王からの手紙』1冊を残すだけとなった。



20110706寝落ち死
扇動したあと同士討ちする様子をぼんやり見ていると、いつの間にか寝落ちしていて
気がつけばタングル閣下(仮名)の片方は討伐済、生き残ったもう片方に自分が討伐されて
灰色の世界に呆然とたたずむ幽霊、足下には骨になった遺体。

というのを4回ぐらい繰り返した。
既に死体も消えている、先に死んだタングル閣下(仮名)の棺桶の中に
本が入っていたかもしれないと思うと、あぁなんと口惜しや…グギギ。




4回目の寝落ち死では自分の遺体すら腐ってしまい、荷物回収も出来なかった。
人影も無い深夜のブリテイン銀行で、泣きべそかきながらAPBをカバンに詰め込んでいると
プレイヤーが一人通りかかった。

とりあえず人がいるとプロフィールを見るのが昔からの習慣。
昔はキャラクター紹介だけでなく、売ります買いますお店やってます座標はコチラ、や
スキル上げ記録、借金メモ、愛の賛歌や一大叙事詩なんかも書いてあったりして
街に立っているだけで楽しかったが、最近は書いてる人も少なくて寂しい限り。
それでも見ちゃう。


で、その通りかかった御仁のプロフィールには
「ガーゴイルの文書 欲しいもの・出せるもの」という一覧が書いてあった。
出リストの中にはボクが持っていない最後の1冊『王からの手紙』も入っている。
そしてその方のご希望の本はウチに何冊かダブっているものだった。

しばらく悩んだが思い切って声をかけた。
街で見知らぬ人に声をかけるなんて久しぶりだ。

こんばんはープロフィール見たんですけd
「あっ消すの忘れてた」

('A`) oh...


20110706神がいた
たくさん余ってるということで、1冊いただいてしまった。

通りすがりの御仁、誠にありがとうございました。
おかげさまでコンプリート致しました。





20110706ガーゴイルの文書コンプ
ようやく全10種類の巻物と書物が集まった。
さっそく女王陛下にお届けに参ろう。



そしてザー女王から直々に『ガーゴイル女王年代記 第一巻』を賜った。

20110706ガーゴイル女王年代記 第一巻
なぜか500チャージ付。
なんぞこれ1回開くと1チャージ消費でもするのか。
と思ったがそういう訳でもないらしい。なんのチャージだ。

中身はなかなかの大作。
第1巻ということは、まだ続きがあるんだな。
ガーゴイルの世界と歴史にはちょっと興味があるので、続巻を楽しみだ。


【関連リスト】
女王年代記本クエスト
第1巻
第2巻 【夢見るクロコダイル
第3巻 【緑の女王の髪を毟る


FC2 web拍手  
  • [2011/07/06 20:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(3) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。