2011.02 ≪  1 2 5 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2011.04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

互いの幸せ

足りなかったパーツを交換してもらい、人間用高徳の鎧セットが揃ったので
試着してみた。


20110311人間善セット装備
八徳のセットのようなエフェクトが出たり色が変わったりするわけでもない。
セット効果もイマイチよくわからない。
将来化けるとは思えない。
もはや揃えることに意味があるだけなのか。




20110311気を抜かなければ余裕
ここのところずっとブラックロックゴーレムと戦ってばかりいる。
だいぶコツも掴み、ただ固いだけの存在となった。
たまに負けるが、原因は居眠り運転がほとんど。






20110311揃ってきた
比較的よく揃ってきている。
ダブりは思っていたよりも少ない。
しかしあと少し、ってところからがダブりとの戦いになるのだろうな。
友人との交換をうまく使いながら、双方幸せになればいいのだ。

FC2 web拍手  

餅は餅屋

近接系戦士数人でブラックロックゴーレム討伐に向かうも
援護ヒールもらっていながらも死にまくる。


20110307結局助けてもらう
結局援護部隊を増援してもらってようやく討伐。
初日ぐらいにソロ討伐できたのは、運良く弱めの黒岩さんだっただけなのだろう。




その辺を走り回って見る。
ソロでやっている近接戦士、Gドラを盾にしている人、援護付きで叩いている人、それぞれ。
そんな中、近接ソロで叩いているK嬢を発見。
聞くと、もう30体以上倒しているとのこと。

ズバズバ倒していく彼女を見ていると、もうベストリーフとかやめて素直に槍スキルにして
適当にソレっぽいリーフブレード練成したほうがいいのではないかと思えてきたので
K嬢にソレっぽいプロパを教えてもらってソレっぽいのを作った。


20110307ソレっぽいリーフ
いかにもソレっぽいリーフ。
マナリ・スタリ・速度に最高値を振って、着っぱなしの速度マント+速度リングで速度40。
スタミナ90から最速が振れるので、大ダメージ食らったときでも
体制の立て直しは容易になるだろう。



20110307余裕になった
あらラクチン。
振りの早さのおかげで貫禄の安定感。
やはり餅は餅屋。リーフブレードは槍使い。

ボンヤリしすぎると死んでしまうこともあったが、ひたすらヒーラーを行き来することは
ほとんど無くなっただけでも大いなる進歩だ。



20110307実験台
バードマスタリーの効き具合についての実験台になってみたり。
沈静のバードマスタリーのResilience(不屈の歌)とPreservance(護りの歌)をかけられる。
「不屈の歌」ではHP・スタミナ・マナ回復がそれぞれ2~8上昇
「護りの歌」では回避が最大16%上昇、受けるダメージは最大16%減少とのことだが
なんかあんまり効果がわからなかった。
そういえば回復しているような、そういえば痛くないような…といったところ。
うん、確かにあんまり痛くなかったような気がする?



20110307ダブりまくり
しかしダブるダブる。
人間用善足が5本目だ(1本交換に出した)
あと人間用善首が出れば人間用善セットが一式揃う。
最終的には人間用の善・悪セット一式ぐらいずつは揃えたいところ。


FC2 web拍手  

夜明けに手向ける花

先日、非業の死を遂げたブリタニア女王・ドーン葬儀が営まれることになった。
UO公式【告別式のお知らせ

場所はユーにある裁判所・Court of Truth。
ユーは八徳のひとつ「正義(Justice)」を守護する街にして、女王の故郷。
正義は、徳の三原則「真実」と「愛」から導かれる徳。
まるで女王の生き様を象徴するかのようだ。



少し早めに会場入りする。
改装された大法廷には純白の棺が安置され、その周りに花が飾られていた。

20110305キャプテンアベリー
一番前の席にはロイヤルガード元隊長、現在は"船長"アベリー(Avery)が無言で座っていた。
誰よりも王に忠実で、そして勇敢な戦士だったアベリー元隊長。
無実の罪で長い間投獄され、冤罪が晴れてもその存在を「忘れられていた」アベリー元隊長。
ようやく思い出してもらって牢獄から救い出されたが、長い投獄の間に思うことがあったのか
そのままロイヤルガードを退き、ひとりの冒険者として船出をしていったのだが
どこかで女王の訃報を聞いてきたのか、葬儀に参列しにやってきたようだ。



20110305ジョフリー隊長の日程説明
やがて女王と親しい友人関係にあったミーア族のダーシャ、小さな友人ネズミのシェリー、
そして現ロイヤルガード隊長のジョフリーの3人がやって来て、今日の日程が説明されたあと
葬儀が始まった。


20110305告別式始まり
まずは古き良き友ダーシャからお別れの挨拶。
ジョフリー隊長のセリフが非常に見づらい。


20110305ダーシャの言葉1
ミーア族とは、かつてジュカ族がこの世界に押し寄せてきたとき
ドーンが人間とミーアの架け橋となり、共に闘った以来の友好関係だ。


20110305ダーシャの言葉2
「共に闘い、共に勝利し、共に大切なものを失い、…そして私だけが友を失ってしまいました」
悲痛な思いを述べるダーシャの言葉に、参列者の皆が涙をぬぐったその時
会場は異変に包まれた。


20110305バーチューベイン登場
魔法の力で身体を押さえつけられ動くことが出来ない3人と参列者たちの前に現れたのは
ドーン女王を死へと追いやった張本人、バーチューベインだった。


20110305筋肉バカってゆーな
「貴様のような筋肉バカに、我の魔法が破れるはずもなかろう!フハハ」
魔法の力に必死にあらがおうとするジョフリー隊長を鼻で笑うバーチューベイン。
筋肉バカってゆーな。みんなわかってるんだから。

バーチューベインは周囲を見渡して「臭い、臭いぞ」と連呼する。
会場がざわめき出す。
「昨日お風呂入ってないのバレちゃった?」
「誰だオナラしたのは」
この緊迫した状況の中、ちょっと笑いそうになるのを必死にこらえていると
バーチューベインは会場の空席になっている一角に目を留めた。


20110305リカルドが発見された
「姿を隠して嗅ぎまわるコソ泥の臭いがするぞ」
バーチューベインの言葉と共に、アベリー船長の隣の席に盗賊リカルドが姿を現した。
その胸元に下がっているクリスタルを目にすると、バーチューベインは満足げに笑った。

バーチューベインのすぐそばに引き寄せられるリカルド。
抵抗することも出来ないリカルドからクリスタルをむしり取るバーチューベイン。


20110305魔法を見せてやろう
「礼として魔法を披露してやる」
リカルドに落雷が直撃した。倒れ込むリカルド。

しかしその場に倒れ込んだはずのリカルドの姿は消えてしまった。


20110305クリスタルは悪の手に落ちた
いぶかしみつつもクリスタルを手にして満足げなバーチューベインは
壁をすり抜けて外へ出て行ってしまった。




20110305バーチューベインを追え
「逃がすか! 奴を追うぞ!」
身体が動くようになったジョフリー隊長が、参列している冒険者たちに号令を掛ける。
ガタガタとイスを蹴りたてて外に飛び出していく冒険者たちを見送るかのように
ひとり座ったままでいるのは、アベリー元隊長。


20110305アベリー隊長は酔っぱらい
「おいアベリー! 貴様も来い!」
「ん~、リカルドもやられちまったし、俺は帰るよ」
ジョフリー隊長の怒声に、アベリーは酒臭い息を吐きながらのらりくらりと返事をすると
どこかへ去っていってしまった。

「不抜けたか、使えん奴め」
ジョフリー隊長は筋肉バカだから「腑抜け」を言い間違えても許してあげましょう。



20110305やっぱりブラックロックゴーレム登場
裁判所の外へ出ると、バーチューベインによって呼び出された
ブラックロックゴーレムや、ベイン兵に引き連れられたベインドラゴンが
群れをなして襲いかかってきた。

黒岩ゴーレムの爆風攻撃にも怯まずに突撃する者や、攻撃魔法を打ち込む者。
勇敢な冒険者たちにまぎれて、イーグルストライクをピヨピヨ打ち込むチキンメイジ。
神秘魔法のイーグルストライクは射程距離が長いので、か弱くチキンハートなボクに最適。

やがて周囲が静まりかえった頃には、既にバーチューベインの姿は見当たらなかった。





20110305慌ただしいのも彼女らしい
「最後まで慌ただしいのも、なんだかドーンらしいわ」
ダーシャの言葉に、大剣ブン回して敵陣に切り込んでいた女王の姿が脳裏に浮かんだ。
死して尚、嵐を呼び起こす、夜明けの女王。



20110305棺を納める
ユー・エンパスアビーの裏手に移動すると、そこには花に囲まれた2つの墓石が建てられ
地面には大きな穴が掘られていた。
ジョフリーとダーシャがドーン女王の眠っている棺を穴の中に降ろし、土を掛ける。



20110305おやすみなさいドーン
「ドーン、ゆっくりお休みなさい」

人間とミーア。
種族の壁を越えて、友として、手を取り合って戦ってきたダーシャのやさしい声が
ドーンの墓に手向けられた。
冒険者たちもそれぞれが持ってきた花や食べ物を墓に供える。



20110305ドーンの墓碑
ドーンの墓にはこんな言葉が刻まれていた。
「ブリタニアの真実を護るため、勇気を持って敵に立ち向かい、愛に殉じた」


20110305オルスの墓碑
隣にはドーンがただ一人愛した夫、オルスの墓。
「様々な波乱に巻き込まれるも、妻を愛し続けた」



『夜明け』の名を持つ女王ドーンは、愛する故郷で、愛する夫と共に、永遠の眠りについた。
どうか、安らかに。

FC2 web拍手  
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。