2011.01 ≪  4 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2011.03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

白熊十字軍

銀行で引き出しの整理をしていると、声をかけられた。

20110208古代竜を倒しに
「古代竜しばきに行きませんか」
狩りの辻お誘いは久しぶりだ。いくいく。

「ただし! 連れて行けるのは白熊5匹のみです!」

ボクがまだ駆け出しプレイヤーだった頃は「ペットスロット」というものが存在せず
プレイヤーひとりで何十匹もの動物を連れて歩くことができた。
あの頃よく見かけた、か弱いペットで強敵を倒しに行こうぜツアー。
最近の仕様の中で生まれたテイマーのボクには、初めての体験だった。



20110208白熊十字軍
デシード島で白熊を5匹捕獲し、ヘイブンへ連れて帰る。
きれいに隊列を組んで並べたところ…白熊ってこんなに灰色だったっけ?
ポリモーフの魔法で、テイマー本人たちも白熊小隊長に変身。

いざ、古代竜の巣・デスタード最深部へ。


20110208肩慣らし
古代竜の巣への入口のところでドレイクに襲撃された。
白熊部隊が迎撃、肩慣らしにもならないぐらいの勢いで瞬殺。
これは…いけるかもしれない。

という無意味な自信を付けたところで、最深部へ降りていく。


20110208白熊 vs 古代竜
古代先生の爪の一降りでまとめてなぎ倒される白熊軍団。
しかし頭数では負けない白熊勢、着実に古代先生のライフを削ってゆく。


20110208全滅
2/3ほど削ったところで、残念ながら白熊特攻隊は全員デスタードに散った。




もう一度白熊を連れて突撃するというので、急いで兵隊をかき集めて街へ戻る。
K嬢にも声をかけると、すぐに白熊隊を連れて駆けつけてきてくれた。
白熊を並べながらしばらくヘイブンで待機していたのだが
しかし一向に他のメンバーは戻ってこない。

おかしいなぁ。ヘイブンに戻るって言ってたのに。
有事の際の蘇生係と紹介されたメイジの人と3人で、30分近くもその場で待機していて
もっそいテンション下がってきたころ、ようやくお迎えがやって来た。
皆さん街に戻らず現地でずっとお喋りしていたとかなんとか…。



20110208なんでもあり
最後は火炎瓶を投げつけたりと、本来の主旨と異なる攻撃も加えられたりしつつ
白熊特攻隊による?古代竜討伐完了。
2戦目は白熊の勇者が何匹か生き残っていた。



20110208凱旋
おつかれさまでした。
次は本当に 『白熊だけで』 討伐したいね。
スポンサーサイト

FC2 web拍手  
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。