2010.10 ≪  1 4 5 8 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2010.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

魔法使いのお昼ごはん

ブリテインの銀行前に、アザイリアという女魔法使いがやってきた。
彼女の師匠が大変な目にあっており、冒険者たちの力を貸して欲しいとのことだった。


20101125魔法使いの弟子アザイリア
BNN 【お師匠を救え】

ホコツに背後を取られて過敏に反応しつつ彼女がいうには
今お師匠が襲われている「特別な炎」は何かを「触媒」にしているらしく
水をぶっかけた程度では消えないのだということだった。



20101125エリオット師匠爆発中
とりあえずアザイリアの案内でゲートをくぐって現地へやってきた冒険者たちの目の前には
猛火に取り囲まれているお師匠、エリオットの姿があった。
おうおう、ド派手に燃えておるな。
師匠の周囲にはキラキラと魔法の力が輝いていて、これで炎から身を守っているようだ。
待っててねお師匠、すぐに助けてあげるから。



20101125Fire Eremental [Catalytic]
すぐそばには金色の魔法陣と、金色に輝くファイヤエレメンタル。
Fire Eremental [Catalytic](触媒)とあるので、どうやらこれが炎の源になっているようだ。
冒険者たちが一斉に魔法を打ち込んでみても、ビクともしない。
特別なバリアが施されているようで、通常の攻撃はまったく効かないのだ。


20101125オラに力を分けてくれ
アザイリアが、この触媒火エレのバリアを打ち破る、特別なウォーターエレメンタルを
召還する方法をお師匠から教わったというのだが、彼女一人では力が足りない。
冒険者たちの力を貸して欲しいと言う。



20101125小さな水エレメンタル
冒険者たちの応援を受けながら、アザイリアが召還魔法を詠唱する。
現れたのはウィスプぐらいの、やけにちんまりしたウォーターエレメンタル。
なんだこれかわいい。

魔力を分けるって、どうやったらいいの。
「とにかく近づいて触って、祈ってみて」
いい加減だなぁ。


20101125ちょっと成長水エレ
手を伸ばして水ウィスプを撫でてみると、わずかに魔力が分け与えられたようだ。
しかし一回こっきりなのか、そのあとはいくら撫でてみても何も起こらない。
それでも少しずつ成長をするウォーターエレメンタル。


20101125成長した水天使
途中、ガードがすっ飛んできて成敗(笑)されたりもしたが
もう一度召還して無事に大きなウォーター"天使"エレメンタルになった。

しかし召還主の言うことを全く聞こうとしない水天使。
明後日の方を向いたりフラフラしたり。
まったくコントロールができない。


20101125アタックアタック
アタックアタックアタック!


20101125水天使自爆
水天使が触媒火エレに触れたせいか、大きな水蒸気爆発がおこった。



20101125総攻撃
水天使は蒸発して消えてしまったが、触媒火エレのバリアは打ち破られた。
冒険者たちが一斉に魔法攻撃をぶち込むと、ほんの数秒で触媒火エレは地に沈んだ。




20101125師匠救出
お師匠は無事に弟子と再会することができた。
よかったよかった。


20101125師匠の師匠登場
師弟が冒険者たちにお礼の言葉を述べていると、背後に邪悪な雰囲気のオッサンが登場。
いきり立つ弟子に対して、ずいぶんと落ち着いた様子でお師匠はオッサンに顔を向ける。
お知り合いかしら。



20101125師匠の杖が奪われた
挑発的に言葉を投げかけるオッサンがその手に持っているのは、お師匠の杖だった。
お師匠を豪火に放り込み、その力ある杖を奪ったのは、このオッサンだったのだ。



20101125青バルロン閣下召還
杖を奪われてお師匠が何も出来ないと思ったのか、オッサンは青いバルロンを召還。
大量に出現するかと身構えたが、たった1匹だけだった。


20101125総攻撃その2
お師匠がどうのこうのするまでもなく、冒険者たちによってフルボッコにされ
オッサンのかわいいペットとやらは、あっという間に討伐された。
場が落ち着いて周りを見渡すと、邪悪なオッサンは既に立ち去ったあとだった。、



20101125師匠天然
「そんなことよりお師匠、どうするの?」
「え? あぁ今から昼飯作るからちょっと待っててくれないかい」
メシの話じゃねーよ、杖だよ杖!という弟子の突っ込みを受けるお師匠。
どうも相当天然なようだ。



20101125師匠の師匠とは仲が悪い
さっきのオッサンは、お師匠のお師匠様だったのだという。
オッサ…お師匠様に奪われた力ある杖は、元はあの人のモノだったらしい。



20101125師匠の師匠は持つべきではない
かなり強力な力が込められたあの杖があれば、いろいろなことができるらしいのだが
「あの杖はあの人が持つべきものではない」とお師匠は判断し
まぁ要するにお師匠は、自分の師匠から杖ぶんどって逃げた、そういうわけで。

そりゃー誰だって怒るに決まってるじゃねーか。


20101125師匠腹ぺこ
このかっとぼけたお師匠は、あの杖の力がなくても魔術師としての力量は充分あるようだ。
しかしその力を持ってしても、先ほどの荒れ狂う炎を消すのは難しく
そして腹ぺこだったので力が出なかったのだ。
うんわかったよ、早くご飯を食べに行きなさいよ。

お師匠が見た感じだと、オッサン師匠はまだあの杖を使いこなせておらず
だから召還された青バルロンも大して強くなかったのだろうということだった。
しかしいずれは力を使いこなし、近いうちに報復にやってくるだろうと言い残し
師弟は冒険者に礼をいいながらご飯を食べに去っていった。






20101125超重力でなにもできませんでしたw
Kさんと一緒に会場に来ていたのだが、ピクリともしないのでどうしたのかと思ったら
超重力に負けて一歩も動けずにいたのだそうな。
お気の毒。
スポンサーサイト

FC2 web拍手  
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。