2010.09 ≪  2 3 4 5 7 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2010.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

六等賞

ログインするとすぐに船上に呼び出された。
なんともおぼつかない手つきでギルマスが舵輪を握っていた。
ボク個人的にはマウス操船よりもコマンド操船のほうが好きだな。
マウスがブレると航路もブレる。
自分不器用ですからマウス操作は苦手です。

よく話を聞いてみると、手動で操船して遭難寸前だったようだ。
地図を船頭に渡して「Start」だよ。
しかしそれだと障害物も避けずに直線で進もうとするので
手動操船が必要なときもある。
そんなわけで運転交代。向きを微調整してヨーソロー。


20101016何もかも死んでる
「今日はLくんいないの?」
「アプグレしてない上にGT切れだって」
「アカウント死んでる」
「毛も死んでる」

ひどい言いようです。




20101016コーガルさん

20101016広範囲ダメージ
神秘の範囲ヒールが今日も唸りを上げる。
ボスの広範囲爆炎のあとは、癒しの風が嵐のごとく吹きすさぶ。

範囲ヒールは、最初はHPが減ってきている戦士のHPバーをターゲットしていたが
死ぬまで張り付く人、危なくなると離れてしまう人、それぞれなので面倒になり
確実にボスに張り付いている「自分」をターゲットにすることにした。
死にたくない子はボクにしがみつけ。
でもまぁ普通に間に合わないので死ぬときは手を取り合って死ね。


そして今日もコーガルさんちは大盛況だった。
ボスを叩いていると次のパーティが到着し、ボスが終わって帰ろうとすると
他のパーティと海岸ですれ違うほど。

一度倒したら、そのまま島で待っていれば次が沸くのだろうか。
気が短いボクらは「待つ」という言葉を知らない。




20101016このアバターは誰だ
帰る頃に気がついたが、今日はメンバーが8人もいた。
トップダメージ6人にしかお土産は出ないのだから、2人あぶれたことになる。



20101016今日は8人だったからね
戦士でゴシゴシ殴ったメンバには全員出たが、サポートに徹していた二人はお土産なし。
そしてしっかり回避サッシュをゲットしてきたチキンメイジ。
きっとトップダメ第6位だったに違いない。

サポートがないと、戦士だけではどうしようもない。
しかしサポートの人は無報酬になりがち。
ギルドのようなチームならば、まとめておいて後日平等に配るというのも可能だろうが
野良パーティだとどう配分したらいいのか気になるところだな。

FC2 web拍手  
  • [2010/10/17 17:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

浮き島の死闘

ブースターパック「未踏の航路」にて新しく登場したボスに会いに行く。
名前はコーガル(corgul the soulbinder)、通称「浮き島ボス」というらしい。
そのコーガルがいる浮き島とやらは、この世界のどこかの洋上にあるが
普通の航海ではたどり着くことはできない。

なんでもコブトスに突如現れた祭壇に宝の地図を奉納し世界地図を掲げると
浮き島への道が浮かび上がってくる。
その地図を船に付属の航海士に渡すと、その浮き島まで案内してくれるのだという。

20101015世界地図
ブリテインの港で世界地図を買ってきた。
それとトレハン地図を1枚持ち、ギルマスと一緒にコブトスへ向かう。




20101015コブトス祭壇クリスタルの火桶
コブトスのゲイザーがたむろする沼の辺りには、毒々しいアビス色をした
「クリスタルの火桶」があった。

クリスタルを撫でて、宝の地図をターゲット。トレハン地図は消えた。
そして「30秒以内に秘密の場所を書く地図をよこせ」というので若干焦って渡したら
轟音と共に落ちてきた雷によってHP1の瀕死状態になるボク。
これが「血の代償」というやつですね。すげぇ痛い。
これでうっかり隣にゲイザーとかいたら死んでたな。
ギルマスが周囲の掃除とヒールをしてくれたのでなんとか無事。


20101015浮島の地図
持参した世界地図には、浮き島の場所を記すピンが押し込まれた。



20101015アイアイサー
船頭に浮き島への地図を渡し"Start"と声をかける。
「地図! アイアイ、サー!」
そして『すいへーりーべーぼくのふね号(H He Li Be B C N O F Ne)』は
大海原へ静かに滑り出した。

Gドラテイマー*2、神秘メイジ*2、弓戦士の計5人。
アーティファクトはトップダメージ6人(トラメルの場合。Fは12人)に配られるので
公平に全員に行き渡るね。


「この船の名前バグってるの」
バグじゃないです。




船はまっすぐ海原を進んでいたが一瞬世界が真っ暗になり、すぐにまた青い海が広がった。
そして目の前に浮き島が現れた。


20101015浮島に到着
浮き島はブリタニアとは別の時空に存在しているようで、リコールはできない。
いざというときにすぐさま飛び乗れるように横向きに接岸してから上陸した。




20101015ソウルバウンドパイレーツ
上陸すると同時に大勢の人々が歓声を上げて出迎えてくれた。
魂を操られ知性の光を失った海賊(Pirate)。荒くれブリガント団。
マミー、イビルメイジ、パッチワークスケルトンなどのアンデッド軍。
真っ赤な絨毯のように辺り一面赤い名前が広がっていた。

こういう混戦に一番強いのはWWA戦士なのに、今日のメンツはメイジテイマー弓戦士。
メイジは範囲魔法で、テイマーは固い敵をメインに撃破、弓戦士も必至に矢をつがえる。


20101015corgul the soulbinder
やがて状況が落ち着いたころ、ようやくボスのご尊顔を拝する。
真っ黒に焦げたような色をしたタイタン、コーガル(corgul the soulbinder)。
Gドラ二匹でとりかこみ、チキンメイジはコロスケ召還。
しかししばらく叩いていたがちっともHPが減る様子がない。

「ちょっと戦士連れてこよう」
一旦全員が船に乗って島を離脱、異空間を出たところで停泊し
メイジとテイマー1人ずつが、それぞれの戦士になって戻ってきた。
浮き島地図をもう一度船頭に渡し、異界のボスエリアへ。

そんなわけで配役変更。
神秘メイジ、Gドラテイマー、弓戦士、近接戦士*2の計5人。

近接戦士2名が張り付く。
神秘メイジのボクはコロスケが叩いているせいでボスに吸い寄せられてしまうので
潔く一緒に張り付いてCleansing Winds連打。
Cleansing Windsは神秘のヒール魔法で、効果は範囲回復・解毒。
2人の張り付き担当と自分を、いっぺんに回復できてしまう優れものなのだ。
神秘ヒールが間に合わないこともあるが、他の人のヒールが飛ぶのでひとまず安心。
どっちも間に合わないときもあるが、その時は諦めて死ね。


20101015クレンジングウィンド
さっきよりもHPの削れ具合が良いようだ。
たまにアビスのアンデッドボスのような広範囲攻撃の煙がわき上がるが
直接ダメージとは違ってそんなに痛いものではない。
とにかく神秘ヒールの連打連打連打コロスケ。


20101015コーガルサッシュ
長い戦いの果てに、ようやくコーガル・ザ・ソウルバインダーを撃破。
カバンの中には「コーガルサッシュ」とスキルスクロール(地図作製0.2)が沸いた。

メンバーもそれぞれ本が、サッシュがと口にする。
その中に一人「本と、指輪が沸いた」と言う人が。
はい?と?指輪?2つ?



とりあえず次のパーティが来ていたので浮き島を離脱。
異空間を出たところで船はひとまず放置し、ギルドハウスへ帰還。

20101015コーガル神秘の書霊媒の書
それぞれの戦利品をテーブルに広げる。
「コーガルサッシュ」2本、「コーガルの神秘の書」2冊、「コーガルの霊媒の書」1冊。

そして

20101015ソウルバインダーの指輪
「なにこのチート指輪w」と誰かが笑うほどメイジが欲しいもの盛りだくさんの
「ソウルバインダーの指輪」はトップダメ6人がもらえるアーティファクトとは
別枠のAFのようだ。

獲得したAFはそれぞれが持ち帰った。
今日一番の獲物をしとめたラッキーマンはKさんでした。
おめでとううらやましぃぃぃぃぃ!!

FC2 web拍手  

七曲がりシップス

20101013酒場の掲示板
海上マーケットの酒場に貼り付けられている掲示板には
常に海賊たちの名前が踊っている。

掲示板の横にいるオッサン、G.B ビグレズビー(G.B.Bigglesby the Proprietor)に
話を聞いてみた。


20101014賞金稼ぎ

G.Bはどうやらこの海上マーケットのオーナー的立場の人らしい。
ここに立ち寄る商人や客の安全のために、掲示板に掲載されている海賊を討伐してくれば
賞金をもらえるのだという。
正直、あまり良い報酬額とは思えないが。

ここに載っている誰それを討伐します、と宣言をするわけではなく
G.Bに海賊退治に出かけることだけを告げて、捕獲用のロープを受け取り
捕まえた海賊を括りつけておく柱を船に設置してもらえばいい。
見つけ出した海賊は連れて帰るのが一番だが、殺してしまっても証明書を持ち帰れば
それでもおこづかいがいただけるようだ。


賞金首たちがどこにいるのかは、酒場の周囲にいる人々の噂話に耳を傾ければよい。
彼らは常に「どこで商船が襲われた」「あそこであの海賊を見た」とお喋りしている。
その中の1つの噂話を詳しく聞き出し、その海賊が現れたという座標をメモして
自分の船に戻った。




目指す海賊がいる場所は、ニュジェルム島の近くだった。
しかし、すいへーりーべーぼくのふね(H He Li Be B C N O F Ne)号の甲板には
設置してもらった柱がにょっきりと突き出しているため、海から引き上げられない。
マーケットから現地までの横着リコールは許されず、地道に航行するしかない。


今回は見学で大砲も積んでないしでも討伐できたらラッキーぐらいの気分で出航したが
ほぼ世界の反対側まで回る勢いの距離を航海して考えが安易だったと後悔し始めた頃
ようやく海賊Black Tooth Derekを発見した。

スターボード敵影発見、これより交戦開始する。


20101014固すぎワロタ
交戦するのはコロスケ先生です。

ちょっと離れたところで停泊し、甲板にコロスケ先生を召還。
船をマウス操作からコマンド航行に切替えて、敵戦艦左舷に向けて航行命令を出し
船が進み始めたら自分はインビジで姿を消す。


雑魚たちがオークだからとナメていた。
コロスケ先生にオークたちのターゲットを集中させ、横から魔法を投げつけるも
ダメージはたったの一桁しか入らない。
しかも海賊本人はコロスケなどには目もくれず、まっすぐコチラを睨みつけてくる。

接舷しては離れ、離れてはまたぶつけてを繰り返したが、1ミリたりとも削ること叶わず
無念のまま船も置き去りにしてリコールして帰宅。
次回はメンバー集めて数の暴力を振るう予定。






友人たちは未踏の航路ブースターパックを買った人・買っていない人それぞれいる。
ハイシー導入完了した人から随時、海上マーケットへの案内役を買って出ている。

20101014マーケットにご案内する簡単なお仕事
今日は浦島師匠をご案内。
緑のペンキをベッタリと塗りたくったような床をした、すいへー中略ぼくのふね号だが
その大きさと外観と航行ぬるぬる具合を、初乗船する人は皆楽しんでくれているようだ。


海上マーケットに到着すると、早速船を買いに行く。
(ボクのがトクノ船だから)ガーゴイル船にすればいいと思うよ!
「高いな」

そう言いながらも何か買う浦島師匠。
港へ行って海にそれを浮かべてみると

20101014手こぎボート
手こぎ船だった。
これメインシップが航行不能になったときに使う緊急脱出用のサブボートだよ。
「遅くねw」
そりゃ手漕ぎだしな。

ギコギコとマーケットの周囲を回っていると、船長不在の大型船に衝突した。
無人の大型船に乗り移る浦島師匠。
ちょ、ひとんちの船に乗ったら…

「Forward」
他人の大型船を動かし始める浦島師匠。
ちょっとww動いてるしwww

どうやら一般のセキュリティが「船員(乗船・操船可能)」になっているようだ。
調子に乗ってそのままウゴウゴさせていると、なんと船主がリコールで戻ってきた。
驚いたのか呆然としている船主に、何食わぬ顔で挨拶をする師弟。

セキュリティの重要性について話をし、その場を辞しました。





大変申し訳ありませんでした。

FC2 web拍手  
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。