2009.07 ≪  2 3 4 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2009.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

【SAβ】 カスタムカーペット1

長くなったので記事分けました。
【クエスト編】 この記事
カーペット編



テルマー・ロイヤルシティ。
商業広場のソウルフォージが設置されているところの真北にある、裁縫店。
看板をクリックしてみたけど、まだお店の名前はなかった。


裁縫屋ライフェム
ここに勤めるガーゴイルの機織り師、Laifem(レイフェム)から話を聞いた。


20090818知識を学ぶ機会
彼女(女の子でした。Lai-Fem ガーゴイル語で「幸せの娘」という意味)は
ブリタニアの絨毯にすっかり魅了されているようだ。

レイフェムはこの絨毯を自分の手で織ってみたいと思っていたところ
ちょうど来店した、ブリタニアに詳しい冒険者に依頼をする。


ヒチジ?
ガーゴイルの娘にはブリタニアの言葉は難しいらしい。



ヒチジ牧場
ブリタニア・ユーにあるヒチジ牧場出かける。
ヒツジにナイフを当て、モコモコと羊毛を刈る。


ブリタニアンウール
白っぽいのはベンダーで買った(安物)羊毛。
本物の天然の極上な羊毛は黒っぽい。
これ紡いで織って布に仕立てたらどんな色になるんだろう?
後でやってみよう。


そしてブリタニアの本物の天然の極上な羊毛を、テルマーのレイフェムに渡す。
レイフェムは大喜びで受け取ると、見事な手つきでブリタニア風絨毯を織り始めた。


織り上げる友情
本物の天然の極上な羊毛は絨毯の残骸になり果てた。

そこで、絨毯のサンプルを取り寄せたベスパーのお店にいる本職の人に
レイフェムの紹介状を持って支援を求めに行くことになった。

彼女からの情報は「ベスパーにある、The Spinning…ナントカ、っていうお店」
ガーゴイルの娘にはブリタニアの言葉を覚えるのは難しいらしい。



ベスパー銀行の北の橋を渡ってすぐ右に曲がると見えてくる裁縫店「The Spinning Wheel」
…どうもここではないらしい。

調べてみるともう一件、ベスパーの商業街のほうにも同じ名前のお店があるらしい。


20090818Spinning Wheel
ん、ここだ。


ベスパーの職人
ベスパーの職人は、ガーゴイルからの手紙にとても驚いていた。


新たなる紡ぎ
シロモノ扱いなのに、ガーゴイルが何も知らないからってふっかけたな?
ニンゲンはあくどいのう。


20090818織り技法の世界
それでも参考になりそうな本をくれたので、これをレイフェムに届けた。


装飾絨毯販売中
こうしてレイフェムはブリタニア風絨毯を織り上げ、さらに彼女のアイデアも織り交ぜて
斬新な「パーツ売り」という販売方法を始めた。


【カーペット編】に続く。

スポンサーサイト

FC2 web拍手  
  • [2009/08/18 02:00]
  • 雑記編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。