2009.07 ≪  2 3 4 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2009.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

愛情ペット

たとえ塩でもテイマーのはしくれ、一通りのペットは持っている。
ただ、本来の意味で「ペット」として愛しているかどうかといえば
まぁたぶん愛情は薄いほうだと思う。

戦士が剣を携え、バードが楽器をかき鳴らし、鍛冶屋がハンマーを振るうように
テイマーとしてペットという「道具」を操っているような認識でいる。
道具っていったら怒られそうな気がしないでもないが、でもそういう感覚しかない。

戦士は武器がないとただの固い人になるわけで、大切な武器は大切にするだろう。
もちろん塩テイマだってペットがないとただのしょっぱい人。ペットは大切。
ただ、誰かが「ウチの子を愛してるの」と言っていたとしても共感は出来ない。
だけど否定するつもりはない。そういうこともあるだろうとは思う。
ただ残念ながら、自分にとってペットは愛玩対象にならないようだ。

でもモヒカンメアは愛してる。矛盾。


というわけでペットに対する愛情薄い塩テイマ。
狭い厩舎には、きっと災害が起きたら自分だけ真っ先に逃げて行くであろう主人の
呼び出しをじっと待つ幸薄いペットたちがひしめいている。
別に神じゃなくてもいい、紙じゃなければそれでいいや、といった認識なので
突出した才能もなさそうなペットばかりだ。

その中から呼び出しがかかるのは、Gドラとクーシーだけ。
この2匹、あとはまぁ将来使うこともありそうなルンビ&メアだけ取っておいて
あとは要らないんじゃないかとちょっと思っている今日この頃。
WWなんて、連れ帰ってきたその日から厩舎から出されたこともない。
育てたり連れ歩いたりすれば愛情も沸くのだろうか。



トクノイベント中、自宅待機を命じられている間にすっかり献身の徳が下がったので
カオス黒閣下に通う日々。

不調和をかけると、Gドラに包帯を3・4回巻くぐらいで黒閣下を倒してしまう。
本当はアタック命令と不調和だけ飛ばしておけば、多少放っておいても死なないのだが
なにかのはずみでGドラに死なれてしまうと主人も確実に死ぬのでとりあえず包帯巻いておく。
余裕のある狩り。

しかしだんだん黒閣下の沸くペースが早くなってくる。
死んだ閣下の死体から回収している途中で次が沸き、アタック命令してオカネ回収して
Gドラのところに戻る頃にはもうその黒閣下は死んでいて棺桶開けたらもう次が沸いて
ちょうどオカネをドラッグしているところだったりして慌てて自分のバッグにお金を収めて
アタックマクロのボタンと不調和マクロのボタンを間違えて先に不調和をかけてしまって
もたもたしているうちにタゲが主人のほうに来て燃されてめろんぱんアタマを晒して死亡。

操作方法に問題があることを、先に認識するべきだったと反省。



20090810金閣下3匹
金閣下が3連発で沸いて時間が掛かりすぎて面倒くさくなったので帰宅。


帰ってなんとなくGドラのステータスを見てみると、魔法が0.1上がっていた。
あれー。

こいつ魔法スキルの最高値118.9じゃなかったのか。
このドラと出会って数ヶ月、ずっと118.9だったので、それが最高値だと信じていた。
あと0.1上がればちょうどキリが良かったのにぃ、と思っていたのだから間違いない。

ちょっと愛が沸いた。

スポンサーサイト

FC2 web拍手  
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。