2017.10 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

素顔のままで

呼び出されてゲートをくぐると、そこは既に大海原だった。
しかし船頭に「start」といっても「航路を完了しましたよ」

20101024航路は完了しました
辺りをウロウロしても、浮き島ワールドに入る様子はない。
もう1組のパーティも行ったり来たりしている。
どうやらあなたもわたしも乗り遅れたようです。




ガッカリしながら帰還。
おそらく先ほどのパーティがもう一度チャレンジするだろうと踏んで
パワスクで時間を潰す。

20101024ネズミゴミ
ネズミ沸きラッキー。
ボスがバグなのか、祭壇で沸いた場所から棒立ちで動かないので
いちいちエナジーフィールドで固めたりしなくてもいいのでさらにラクチン。
だがパワスク120すら無しという残念な結果に終わる。





20101024ムーングロウのぼくのおうち
浮き島ボス再挑戦。
なんだか見覚えのある家が立っている岬から出港。
よくみたらボクんちだった。




20101024また空振り
長い航海の末にようやく浮き島へたどり着いたが、既にボスは討伐済み。
地鳴りが響いている。主のいなくなった島はまた海の底に沈んでいくようだ。
全員が船に戻ると突然真っ白な光に包まれ、目を開けるとそこはブリタニアの海。
浮き島ワールドからはじき出されていた。

船頭に地図を渡せば自動で船は進むので、時間はかかるがいずれは浮き島にたどり着く。
しかし絶賛大ブーム中の浮き島ボス討伐ツアーなので、挑戦者がとても多いことを考えると
自分で地図を見て、できるだけ近くの岸から出航しないと討伐に間に合わなくなってしまう。




3回目のチャレンジ。
地図はボクがもらってきて、世界地図と照らし合わせてニラメッコ。
今回の地図ではバッカニアーズデンの北から出航するのが一番近いようだ。

ちょうど出航間際に浦島師匠がログインしてきた。
何の説明もせずにデンへ呼び出し、そのまま船に乗せて出発。
説明してるヒマはない。一刻も早く浮き島へ行かねばならん。

説明しなくても状況で理解するだろう。
ボクはそうやって師匠に育てられてきたのだ。


20101024コーガルさんいたー
おっしゃー三度目の正直、間に合った!
先攻チームがいたが、わらわらとやってきたボクらの姿を見ると慌ててボスを取り囲んだ。
負けじとボクらもボスにかぶりつく。


戦士で挑戦するにあたって、注意したことがいくつか。
・バンパイアのライフリーチがあるとかえって痛い
 → バンプをはがしてスッピン素顔になって包帯スキルを入れてきた
・武器のライフリーチは効果的らしい
 → ソウルシーカー持ってくるの忘れたyo!
・アンデッドタリスマンは付けない
 → 亜人種だもんね
・乗りドラは乗らない(個人差あり)
 → ドラ保護でログアウトしてるヒマがあったらさっさと復活して戦列に戻る方がいい
 → 落馬してドラを気にして注意力散漫になるのでそれなら最初からいないほうがいい
 → 落馬後も管理できるか気にしないでいられるのなら乗ればいいと思うボクは無理

そのぐらいだろうか。

練成ベストDメイスでゴッスゴッス殴ると、通常のダメージが30前後。
マナがあっという間になくなってしまい、ライトニングストライクが打てなくなった。
でもまぁみんなで殴ってるし、どうせバンプはがしてライフリーチもないし
お土産がもらえる程度にがんばればいいし。
コンセクが切れるとダメージが7とか8とかになってしまうので
コンセクとエネワンだけは切らさないようにする。


今回は援護役が一人しかおらず、みんなバラバラに走り逃げ回ってバタバタ死んでと
なかなかの大騒ぎ。
次からはまたメイジで参戦するので、今回ちょっとだけ辛抱してください。



20101024お土産3人前
お土産は3人分。
雑巾戦士も無事に神秘本をゲット。
後から来ておいてお土産半分持って帰ったのだからまぁよかったのではないでしょうか。
先攻チームには申し訳ないけど。
だってボスが世界に一人しかおらんのだもん。




201010244人前だった
帰宅すると、浦島師匠がサッシュを身につけていた。

ちょ、そのサッシュは…
「なんかいつの間にかカバンに入ってたんだけど、何だろうこれ」
何だろうじゃないですトップアタッカー6名しかもらえないアーティファクトです。

そんなわけでお土産は4人分だった。
あの大混戦とベテラン戦士が多数いる中で、あり合わせ衣装の浦島師匠は
6人の勇者にちゃっかり潜り込んでいた。
しかし初参戦でサッシュをもぎ取ってくるとは、なかなかの強運だな。

「このサッシュの有効性がわからない」とか贅沢なことをぬかす師匠。
プロパティの効果と、他に競合するものがない装備位置について説明し
ようやく納得した浦島師匠。
それ大事にしろよ。一生モノだからね。

FC2 web拍手  

めぐりあいブリタニア

20101023物欲まみれ~
すいーへーりーべーぼくの船号は、今日も浮き島を目指す。
皆の心はただ1つの目的のために、固い絆で結ばれている。

ソウルバインダーの指輪! 指輪! 指輪!(まぁサッシュでもいいよ?)

物欲の鬼の群れを乗せて、船はひたすら浮き島を目指す。

「地図交換しに行ったら他のチームがいたよ」
む、これは現地でバッティングするかな。
「なぐりあいブリタニア」か「ゆずりあいブリタニア」かのどちらかになるだろう。



上陸すると他の冒険者はいなかった。
どうやらこちらが先に到着したようだった。
しかし雑魚を片づけているとGドラを引き連れたその別チームが到着。
まだ片づけが落ち着かないままに、急いでボスを殴り始めるボクら。

20101023我先に殴りかかる
そして後発のチームもボスを殴り始め、「なぐりあいブリタニア」の開幕。


チキンメイジが神秘範囲ヒールで戦士のサポートに入ろうとするが
例によって死ぬまで張り付く人、大逃げする人、色々いる。
ヒールしようと思ったら「遠すぎます」ばかりでちっともヒールがかけられない。
仕方なくまた今日もボスに張り付いて自分に範囲ヒール。
範囲に入った人は運が良かったね、となるはずだったのだが。

ボスは、殴りは痛いけれどタゲがすぐ別の人に移るので1発耐えれば済む。
しかし片づけ切れていない周囲の雑魚が寄ってくるのを戦士がモメンタムに巻き込み
その雑魚の死体をボスがアニメイトデッドするので、雑魚が増量。

そして必死にヒールをしているチキンメイジにターゲットがやってくるのです。
気がつけばパッチワークスケルトンに落馬をかまされボコボコに殴られ
必至に徒歩で逃げようとするもボスの爆炎が追い打ち。

3死ぐらいしてなんのサポート役にもならなかった上にお土産ももらえなかった。


201010235人ゲット
それでもメンバーのうち5人がお土産をゲット。
お一人様分が後攻チームに渡ったようだ。まぁ上出来かしらね。
指輪どころかサッシュもなかったのは残念無念。






え、もう1回ですか。

20101023フサフサめ
すいーへーりーべーぼくのフサフサ号は、もう一度浮き島を目指す。
航海中はいつも同じ話題、某氏の毛根の寿命について。



20101023我先に殴りかかる2
あら先客が、ってさっきのチームだった。
なにかしらご縁があるようです、めぐりあいブリタニア。

まぁそりゃー後攻だったとはいえ、5人分も持って行かれたらもう1戦てなるよな。
今度はボクらが後攻チーム。
しかし遠慮などしませんよ、なぐりあいブリタニア。

先程以上のカオス戦となった。


20101023ルート品かな
またお土産がもらえなかったので、その辺に転がっている死体を漁っていると
棺桶の中からスキルスクロールを拾った。誰かのルート品かな。


20101023ハゲが薄い
意気揚々と引き上げるフサフサ号の面々。
危うくL氏を置き去りにして離岸しそうになった。



20101023出るのは本ばかりなり
今回は後攻チームだったが、3人がお土産をもぎ取ってきた。上出来じゃね。
先攻チームにはちょっと申し訳ないことをしたかな。
まぁ仕方がない、なぐりあいブリタニアだったんだから。

FC2 web拍手  

六等賞

ログインするとすぐに船上に呼び出された。
なんともおぼつかない手つきでギルマスが舵輪を握っていた。
ボク個人的にはマウス操船よりもコマンド操船のほうが好きだな。
マウスがブレると航路もブレる。
自分不器用ですからマウス操作は苦手です。

よく話を聞いてみると、手動で操船して遭難寸前だったようだ。
地図を船頭に渡して「Start」だよ。
しかしそれだと障害物も避けずに直線で進もうとするので
手動操船が必要なときもある。
そんなわけで運転交代。向きを微調整してヨーソロー。


20101016何もかも死んでる
「今日はLくんいないの?」
「アプグレしてない上にGT切れだって」
「アカウント死んでる」
「毛も死んでる」

ひどい言いようです。




20101016コーガルさん

20101016広範囲ダメージ
神秘の範囲ヒールが今日も唸りを上げる。
ボスの広範囲爆炎のあとは、癒しの風が嵐のごとく吹きすさぶ。

範囲ヒールは、最初はHPが減ってきている戦士のHPバーをターゲットしていたが
死ぬまで張り付く人、危なくなると離れてしまう人、それぞれなので面倒になり
確実にボスに張り付いている「自分」をターゲットにすることにした。
死にたくない子はボクにしがみつけ。
でもまぁ普通に間に合わないので死ぬときは手を取り合って死ね。


そして今日もコーガルさんちは大盛況だった。
ボスを叩いていると次のパーティが到着し、ボスが終わって帰ろうとすると
他のパーティと海岸ですれ違うほど。

一度倒したら、そのまま島で待っていれば次が沸くのだろうか。
気が短いボクらは「待つ」という言葉を知らない。




20101016このアバターは誰だ
帰る頃に気がついたが、今日はメンバーが8人もいた。
トップダメージ6人にしかお土産は出ないのだから、2人あぶれたことになる。



20101016今日は8人だったからね
戦士でゴシゴシ殴ったメンバには全員出たが、サポートに徹していた二人はお土産なし。
そしてしっかり回避サッシュをゲットしてきたチキンメイジ。
きっとトップダメ第6位だったに違いない。

サポートがないと、戦士だけではどうしようもない。
しかしサポートの人は無報酬になりがち。
ギルドのようなチームならば、まとめておいて後日平等に配るというのも可能だろうが
野良パーティだとどう配分したらいいのか気になるところだな。

FC2 web拍手  
  • [2010/10/17 17:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。