2017.10 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 web拍手  

オモチャのハリセン

先日のパブリッシュで、ハンマーピックがお手軽にブチ回せるようになったということなので
今まで使っていた特効ウォーアックスを全てハンピに入れ替え作業。
ついでにWWA用のブラックスタッフも全て見直しをして、追加練成。


2013.05.31特効揃い踏み
気分で適当に色塗りしてあったものも、各特効ごとにカラーを決めて統一。
赤は悪魔、鋏角類(蜘蛛)はピンク、爬虫類(ドラゴン)を緑、など。
これで慌てて出陣の支度をするときでもすぐに持ち出すことができるだろうと思ったけど
黒棒はベースの色が暗いので違いがよくわからなかった。
まぁ今度考え直す。



20130531新・青天井
愛用していたマナリーチ限界突破ウォーアックスも、ベース速度が上がったことに連動して
マナリ数値が下がってしまったので、ハンマーピックタイプに作り直し。
旧作と同プロパティの命中低下版と、試しに回避低下版も作ってみた。
どちらも試し打ちしてみたけど、命中低下の方が使いやすい気がする。 (※ 個人の感想です)



20130531冷気ドラゴン鉄扇
やろうやろうと思っていて投げ出してあった、冷気属性100%のドラゴン特効鉄扇も作った。
以前は、鉄扇なんてチャチな与ダメージしか出ないじゃん特効無しベストリーフでいいじゃん
と思っていたのだが、よく考えれば緑閣下相手にだって鉄扇握ってタイマン張れてるんだし
パブ81でパワーアップしたし、特効乗せたら案外スーパーハリセンとかになるんじゃね?
ってことで半分オモチャ感覚で作ってみた。



すぐ会える強げなドラゴン、ということでアビス・勤勉のドラゴン沸きへ。



2013053130てアンタ・・
本当にオモチャみたいなダメージしか出なくて笑ってしまう。だが安定感はいい。
ボクの腕前で振るうベストリーフでは時折ピンチ到来なこともあったりしたが
この冷気鉄扇ではかなり余裕であしらうことができる。

速度プロパは不要だし、両手武器の強度上限600なので特効入れてもリーチを目一杯入るし
与ダメが低いことに関する影響は、討伐にちょっと時間が掛かるということだけなので
そこはもう目をつぶるということで。
いずれはパワスクボスのドラゴンとかでも試してみたいね。
(※ あとで調べたら勤勉ワイバーンの抵抗穴は冷気じゃなかった…のでコンセクすればダメもっと出たのかも)


FC2 web拍手  
  • [2013/06/01 00:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

冬眠明け

パブリッシュ81が入る入らない言われてなかなか入らなくて
そのうち待ちくたびれてパソコンの前で居眠りしてたら2ヶ月もの時間が経っていた。
結局パブ81の勉強は何もしないままだったので、なんだか現在の状況がサッパリ。



武器・防具に大きな変更が入ったとのことなので、公式を見ながら苦手な数字の勉強。
防具のことは結局サッパリわからなかったが、武器類は自分が使っているものだけを
メモとって一覧にしてみたら多少の理解は出来た。

パブリッシュ81修正について (ベースダメージ / 速度 / SPM)
上方・下方の判断は主観で。

・ハンマーピック 上方修正
旧 15-17 / 速度3.75 /
13-17 / 速度3.25 /
速度が格段にアップ、旧来のウォーアックスと同じように取り回せるようになった。
ベースダメージはこちらのほうが上だし、メイン武器をこちらに移行してもいいな。

・ウォーアックス 上方修正
旧 14-15 / 速度3.25 /
12-16 / 速度3  /
ベースダメージの下限上限が広がり、速度がアップ。
しかし上方修正されたハンマーピックに移行するため出番減の可能性。

・ブラックスタッフ 上方修正
旧 13-16 / 速度2.75 /
新 13-16 / 速度2.75 /
表記数値には変更無し。
だが両手武器の練成強度上限が500→600にアップしたため
より高プロパティを練成できるようになった。

・鉄扇  上方修正
旧 10-12 / 速度2 / フェイント・ブロック
新 10-13 / 速度2 / フェイント・デュアルウィールド
ベースダメージがちょっぴりアップ・SPMの変更があるが取り扱いに影響なし。
どうせフェイントしか使ってなかったのでok。
両手武器なので黒棒と同じく練成強度上限アップなのが嬉しい。

・ダイヤモンドメイス 悲しみの下方修正
旧 14-17 / 速度3 /
13-17 / 速度3.25 /
ベースダメージ下限減、速度ダウン。SPMに変更もなく完全下方修正。



どうやら速度装備系に乏しいボクにもハンマーピックがブチ回せる時代がやってきたようだ。
以前作ってはみたもののあまりの重さで手に余り、数回使ってそのまま放ったらかしていた
スパイダー特効ハンマーピックを倉庫の片隅から引っ張り出し、赤蜘蛛討伐を試してみる。


20130517新生特効ハンマーピック
おーまるで羽根のようにハンピが振り回せるよ!
でもなんだか、赤蜘蛛が弱まったのでもなく、自分が強くなったわけでもないけど
なんだかラク。すごくラクに戦える。何かが変わってる。
これが防具の変更点の影響なのだろう。





20130517みんな新品着てる
メデューサ討伐に誘われて現地へ行くと、みんなのローブの首元には
新品の鋲皮装備がチラチラ見えている。

なになに今時の流行装備は鋲皮になったの?
「マナコスト重視装備だよ~」
みんなは新パブリッシュを、準備万端で迎えていたようだ。
居眠りこいてたボクとは違うのである。


20130517ボロボロの鎧
そんな自分の装備を見下ろすと、もうすっかりボロボロのベコベコになった金属と鱗の鎧。
アクセは自分で調整などをしたが、鎧本体は3年以上前に作ったときのままだ。
そのヘコみのひとつひとつが、今までの戦いの歴史の証ともいえるのだが
しかしあまりにも古っちくてちょっと恥ずかしい。
「金属鎧はスタミナ重視だし、いいじゃない」

ふむむ、鋲皮鎧はマナコスト、金属鎧はスタミナ維持の特性があるということなのね。
さっきの赤蜘蛛がやたらラクだったのは、その金属鎧のスタミナパワーのおかげか。



新パブリッシュ用に装備の新調したいけどでも勉強するの面倒だなぁと思っていたところに
現状のままでも充分通用することがわかり、ちょっと決心が鈍ってきた。
ちょっと色々討伐行脚に出かけて様子を見ながら、今後どうするか決めよう。


2ヶ月サボった間に春が来たブリタニアは、いろいろな楽しみが増えていた。
またのんびりと走り回っていこうかと思います。


FC2 web拍手  
  • [2013/05/18 01:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

ずずいっと奧へ

バグってるらしかったクロックワークエクソダスが修正されたということなので
カルマ上げも兼ねて久しぶりに行かないかい、とお誘いをいただいた。



近接戦士3人。後衛メイジはなし。
巻き合う包帯がほぼ唯一の回復手段。

近接戦士のみで討伐するには、ちょっとした小技がある。
実は以前にも3人パーティで実践してみたのでコツは掴んでいる。


20130304つられてつい。
しかし今回の三人目の参戦者が初体験だったのをすっかり忘れていた。
簡単な説明しかしなかったのでなかなか息が合わず、ポロポロ死なせてしまった。
ごめんねぇ。

そして何故か一応経験者のはずのボクもご一緒に死んでたり。
アレだ、いつも使ってるマナリ限界突破武器が耐久少なかったのだが修理が面倒で
別の武器を持ってきてしまったからだとか装備新調したから勝手がわからなかったとか
言い訳は色々。

削っては死に、叩いては死にと3・4回死んだところでようやく3人の息が合い始めた。
流れに乗ってしまえば、近接戦士のみでも楽勝のクロックワークエクソダス討伐戦。





で、その小技。
いつものように定位置に重なって待機。
曳航されてきたエクソダスとバトルが開始されたら、3~4歩前進。
エクソダスの三脚の真下に潜り込んだら、あとはいつも通り叩く。
これだけ。


(以前の立ち位置。死の竜巻の黒い渦がギュンギュンしている)
201212153ケタダメージキモチイイ
エクソダスのつま先に斬りかかる今までの戦闘スタイルでは
エクソダスの直接攻撃&魔法攻撃に加えて、死の竜巻が周囲に渦巻いている。
この死の竜巻に何の効果があるのかわからないがなんかすごく痛い。



(新しい立ち位置。ぎゅんぎゅんが出ない)
20130304竜巻こない
しかしエクソダスの股下にずずいっと食い込んで、下から突く作戦だと
死の竜巻が発生せず、ゲンコツや魔法のダメージだけで済む。
すごく痛いのがなくなるので、包帯の巻き合いだけで踏ん張ることができる。


やることは簡単だが、メンバー全員が一斉に前進しなくてはいけないのが難しい。
出遅れたり、オーバーランしてなかなか所定の位置に付けないでいると
たちまちエクソダスが動き出して竜巻が発生してしまう。

ウッカリ死んで戦列を離脱すると、戻ってくるときにまた竜巻が発生。
その渦の中、再エントリーしなくてはならなくなり、戦闘中の仲間を危険にさらしてしまう。
「死なない、そして死なせない」というのも勝利条件といえる。






1戦終わったところでMさんが「もう一回やらない? 今度は二人で」と言い出す。
2人ですか…ボクはもれなく“雑巾豚”となっておりますが、大丈夫でしょうか?


20130304ふたりっきりのエクソダス討伐戦
というわけで包帯武士騎士のMさんと、包帯白豚のボク。
近接戦士ふたりっきりで、エクソダスと対峙する。

実はアナトミを入れていない雑巾豚。
濡れ包帯は使っているが、包帯スキルは上げ途中の94.5。
そして包帯巻きは、手動。

ボクが先に死んでも、たぶんMさん一人で逃げおおせることができるだろうが
もしMさんが死んでしまったら、残されたボクは間違いなく死ぬ。
ボクが死なないためにはMさんを死なせないようにするしかないバディシステム。
開幕すぐに勇ましく前進するMさん。モタモタとついていく雑巾豚。
バトル開始。



20130304安定の2人組討伐隊
人数が少ないほうが落ち着いて戦えたように思う。
自分は相手に、相手は自分にだけ包帯を巻けばいいので、迷いがなくて安定した感じ。
エクソダスのターゲットになる人数が少ないためか、ふらつきも少なくて済んだようだ。
まさか戦士2人だけでエクソダスが討伐できるなんて思ってもみなかった。
いい体験をさせていただきました。

ショボい包帯巻き以外なんの役にも立たなかったくせに討伐後ちゃっかりオカネを拾う。
転送バッグのチャージなくなって人から借りてまで全部かき集めてホクホク。




少人数包帯戦士によるエクソダス討伐戦に関して
::: Viva La Raza ::: さまが 「[UO] エクソダス2人狩り(包帯戦士x2編)」にて
実戦の動画付きで詳しいお話が掲載されていました。
死の竜巻についての効果も詳しく書かれていて勉強になりました。
ありがとうございました。

「竜巻がなんかすごく痛い」とか書いている自分が恥ずかしくなってきました。


FC2 web拍手  
  • [2013/03/04 19:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(6) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。