2020.06 ≪  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2020.08

実は初めてだった

頂き物のカメタマゴは立派な子ガメになりました。
レジェンダリーテイマーでも5・6回はテイム失敗。
こんなちっこいのでも、テイム難易度はそれなりに高いようだ。


幼生カメ
ドラゴンタートルハッチリング。
Hatchling とは「幼体」、つまり孵化したばかりの子どものことを指すようだ。
成長の可能性があるということなのだろうか。

イオドーンのママカメチャンピオン湧きにて、雑魚の棺桶から手に入る
賞味期限付きの謎の果物が気になるところ。
アレ食べたら巨大化するとかあるのかな。
すぐに試してみたくてソワソワするけど、お気に入りになる前にウッカリしたことして
電子の海に帰られても困るので、ぐっと我慢して厩舎に収納。
また来週。





ヒマになったのでイルシェナー武勇沸きなどを一人で遊ぶ。
誘えば遊んでくれそうな人はいたのだが、実は戦士で沸きソロをやったことがないボク。
一度ひとりでやってみたかったんだよね。


20151020イルシェナーチャンピオン
フェルッカですらない、イルシェナーのネズミ沸きソロとか
もはや話のネタにするほどのものでもないものをそれでも真剣にやりました。
だって初ソロなんだもん。
あとベテランぶってカッコつけてネズミ沸きで死んだりするのは
さすがの雑巾豚でも恥ずかしい。


20151020お土産独り占め
お土産独り占め楽しい。
マスタリー書のレベルがすべて1だったのはつまらぬ。
終わったころになって、幸運壷くらい撫でておけばよかったかと気がついた。
マスタリーレベルが幸運値に影響してるとは限らないけどさ。

FC2 web拍手  

時計仕掛けのエクソダス

先日クロックワークエクソダス討伐戦へ飛んでいく団体さんの後ろ姿を
羨ましげに眺めていたことを書いたら、その団体さんが声を掛けてくださり
討伐パーティに入れてもらえることになった。
ありがとうございます書いてて良かった脳筋日記。


20121122エクソダス誘ってもらった
参加メンバーは14~15人ぐらいだろうか、こんな大人数のパーティは何年ぶりだろう。
1パーティ10人までしか参加できないので、戦士隊・メイジ隊の2組に分かれる。


20121122戦士分隊と名誉の神殿
ゲートを出してもらった戦士隊は、名誉の八徳神殿へ。
メイジ隊は別のところへ行ったようなので、1パーティ1神殿なのだろう。


20121122名誉のシンボルに召喚祭壇
まずは「召喚祭壇」のDEEDが使われる。これは1パーティに1枚あればいいらしい。
すると徳のシンボルの上に、祭壇に乗せられた「エクソダス召喚の大書」が現れた。


20121122察しの悪いボク
全員が「召喚の衣」を着用し、「召喚の短剣」を手にする。
そして「召喚の魔書」をダブルクリックし、大書をターゲットする。
大書には時間制限があるので手早くやらなければならないのだが
要領の悪いボクはモタモタしてご迷惑をかける。
すみませんすみません。


20121122ブリタニアへの忠心の証
大書は問いかけてくる。
ブリタニアを悪の手から守ることを望むなら、生贄の短剣をこの書に突き立てよ。
貪欲と富を望むなら、生贄の短剣を自らに突き立てその血をこの祭壇に捧げよ。

正義を貫き平和を求めるか、悪に忠誠を誓い富を求めるか。

もちろん答えは決まっている。
手の中の短剣を、エクソダス召喚の大書に深々と突き立てた。





20121122ヴァーローレグに進軍
視界が変わると、そこは禍々しい気に満ちたヴァーローレグ。
一度は討伐された悪の化身は、その邪悪な力をもう一度ふるうべく
またここで復活を果たそうとしているのだ。

アンクが設置されているのを見て「とりあえず死んでも安心」とか
残念戦士を地で行くようなことを思いながら、2組のパーティは広いところへ移動する。


20121122布陣を敷く
メイジ隊が後方に布陣、戦士隊は1ヶ所に重なって待機。
チームリーダーMさんがボスを連行してくるのを待つ。




20121122クロックワークエクソダス
駆け戻ってくるMさんの後ろからClockwork Exodus(クロックワークエクソダス)が姿を現した。
以前のイベントで見たエクソダスとは違い、メタリックシルバーに輝くその無機質な姿は
「クロックワーク(ゼンマイ仕掛け)」の名の通りだ。


20121122エクソダスと勇者たち
ちゃんと忘れず持ってきたマナリ特化のウォーアックスを握りしめて戦闘開始。
背後のメイジ隊から手厚い回復魔法が絶妙のタイミングで飛んでくるので
安心して戦うことができる。

クロックワークエクソダスはエネルギー波や、死の竜巻、ガス状エーテルを発生させたり
多彩な範囲攻撃を放ってくる。

神秘魔法も取得しているらしく、パージマジックでこちらのヴァンプ変身を剥がしてくるが
どうせライフリーチ無効なのでそのまま気にしないことにした。

今気がついたけどエネワンしてないなボク。
だいぶ緊張していたようだ。


20121122クロックワークエクソダス討伐完了
やがてクロックワークエクソダスはゴールドをまき散らしながら地に沈んだ。
一度も死ぬことなく討伐完了。



20121122何も出なくても楽しかったです
残念ながら何も湧かなかったけど、とても楽しい、充実の初体験だった。
お誘いいただき本当にありがとうございました。


FC2 web拍手  
  • [2012/11/22 15:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼

良縁に恵まれたい

20120926でぼあら
達成エリアも3日目でもう飽きてきた。
まさに三日坊主。


ひとりでプチプチ遊ぶのも飽きてきた。
以前は結構な数のメンバーが集まっていた我がギルドも、今ではIRCにも誰もいない。
それまで何年もの歴史のあるギルドであっても、ボクがギルドに入ると
だいたい1~2年以内に活動の炎が消えていくのは何故なのだろう。
でもボクのせいじゃないと思うんだけどなぁ。


※ 昔話・長話注意
初めて入ったギルドは、ボクがまだヤング取れたての頃。
当時初心者のメイン修行場だったブリテイン墓場で幽霊と戦っていると
Kさんという人(今でも名前を覚えているな)が「ギルドに入らないか」と誘ってくれた。
入りますと返事をすると、じゃあギルドハウスへと案内されることに。
当時のギルドはプレイヤーの家に設置されたギルドストーンを介して入隊するものだった。
その人はゲート魔法が出せないとかで徒歩で出発。

ギルドハウスがあるという砂漠に入ったところで、ヤング取れたてなボクを取り囲む
大量の土エレやハーピーやエチン。いわゆる激湧き地帯だった。
初めての死亡。初めての荷物全ロスト。回収も手伝ってもらえなかった。
やっとの思いでギルドハウスに到着し、ギルドストーンに抱きつくと
「あ、ギルマスじゃないと入隊承認できないんだった」

また今度ね、とロストした装備の代わりに金属プレート胴鎧を土産にもらって帰された。
その人はマーク魔法もできないと言い、ルーンも貰えなかった。
ギルドハウスはどこだかわからない。(そこが慈悲の砂漠と知ったのはだいぶ後)
しばらくブリテイン墓場に通い詰めたが、もう二度とその人には会えなかった。

ボクの初めてのギルド入隊の思い出。
あ、入隊すらしてないな。

全ロストしたときに持っていたのは、師匠がくれたショートスピア。
貴重なマジック品だったらしく、あとで師匠に「ちょっと良いヤツだったのに」と言われた。
泣いた。



以降は
・2シャードをまたいで活動しているギルドが1シャードに統合
 → 当時は転送トークンもなかったし、そのシャードにキャラを育てていないボクは居残り。
   居残り組も継続の予定ではあったが活動もなくひっそり解散。

・ギルドマスターとメンバーがリアル付き合っていてリアル別れた?
 → ログインしなくなったギルマス所持のギルドハウスが腐り落ちて自動的に解散。

・2週間程ギルドハウスに通ったが初日以降一度もメンバーを見かけなかった
 → 自主脱退。
   6年後にメンバーと再会。(後述)

・ギルドマスターがリアル結婚のため引退
 → 円満解散。
   このギルドに骨を埋める気でいたがこれは仕方がない。

・前出のギルドで一緒だった人と再会し、彼が所属しているギルドに入れてもらう
 (前述の6年前に所属したギルドと友好ギルドだったことが入隊後に判明)
 → 活動の中心人物だった彼が家庭の事情で引退、静まりかえるギルド (←いまココ)

やっぱりボクのせいじゃないと思うんだけどなぁ。
まぁ最後のはちょっと努力すれば何とかなったような気もするけれど。
人との縁は悪くないと思うんだけど、「ギルド」に縁がないのだろうか。
初回から運の尽きだったのかしら。





20120926拾った
なんだかションボリした気分になりながらヘイブン銀行へ行くと
ドレッドホーンのカギが捨てられていた。
チョウチョの脳みそだけ揃えればすぐにでも飛べる。


20120926慰め
ドレッドホーンが死を賭して慰めてくれた。
ソロでは初めての赤エプロンでした。


FC2 web拍手  
  • [2012/09/26 14:00]
  • 脳筋編 |
  • TB(0) |
  • COM(2) |
  • TOP ▲

  • comment-open ▼
HOME